CD 輸入盤

Raised On Radio

Journey (ジャーニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4866642
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

スティーヴ・ペリー、ニール・ショーン、ジョナサン・ケインの3人を中心としたジャーニーが1986年に発表した『レイズド・オン・レディオ〜時を駆けて』。スティーヴ・スミスは2曲のみの参加で、ロス・ヴァロリーは不参加となっている。かねてから彼らのトレードマークであった壮大な音作りはみられなくなり、シンプルさとバラエティを強調したかのような内容を持つ一枚。

収録曲   

  • 01. Girl Can't Help It (03:53)
  • 02. Positive Touch (04:17)
  • 03. Suzanne (03:38)
  • 04. Be Good to Yourself (03:51)
  • 05. Once You Love Somebody (04:40)
  • 06. Happy to Give (03:49)
  • 07. Raised on Radio (03:49)
  • 08. I'll Be Alright Without You (04:49)
  • 09. It Could Have Been You (03:37)
  • 10. Eyes of a Woman (04:32)
  • 11. Why Can't This Night Go on Forever (03:41)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
みんなが書いているようにいわゆる失敗作だ...

投稿日:2021/03/03 (水)

みんなが書いているようにいわゆる失敗作だった感は否めませんが、ポップアルバムだと割り切って聴くとなかなかの秀作だと思います。個人的にはすごく好きですよ。

pin さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
前作までのジャーニーの大げさとも言える煌...

投稿日:2012/02/29 (水)

前作までのジャーニーの大げさとも言える煌びやかなサウンドを期待した当時のファン(私を含め)は、このアルバムのあまりにポップで軽い内容に肩透かしを食らったような気分になったはず。しかし、ドラマーとべーシストを失った彼らの新たな挑戦であったのだと今にして思える。これまでのアルバムと比べテンションの低さは否めないが、いかにもヒットチャート狙いの内容は決して嫌いではない。ただ、ニールが単なるバック・ギタリストになってしまったような印象があり、そこが減点対象か。

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
☆
☆
☆
このアルバムを聞いて、テレビであのドラマ...

投稿日:2010/08/11 (水)

このアルバムを聞いて、テレビであのドラマーとベーシストを見て ジャーニーは終わったと思ったのは俺だけでは無い筈。 やはりステーブスミスの力は偉大であった

KENJI さん | 福岡県 | 不明

0

Journeyに関連するトピックス

おすすめの商品