LPレコード 輸入盤

Reprise Albums (1968-1971)(4枚組/180グラム重量盤レコード)

Joni Mitchell (ジョニ・ミッチェル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0349.784453
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

時代や地域を超えて共感と尊敬を集める女性シンガー・ソングライターの最高峰、ジョニ・ミッチェル。彼女の音楽的キャリアを俯瞰する壮大なプロジェクト”ジョニ・ミッチェル・アーカイヴ”の第二弾作品が登場! 時代を超えた名作として誉れ高い1971年6月発表のアルバム『BLUE』の発売からちょうど50周年を迎える最高のタイミングで発売されるのが、彼女がリプリーズ・レコードから発表した4枚のスタジオ・アルバムの最新リマスター音源をコンパイルした、この4枚組180グラム重量盤LPボックス『THE REPRISE ALBUMS (1968-1971)』!

◆時代や地域を超えて多くの音楽リスナー、ミュージシャンから変わらぬ共感と尊敬を集めるシンガー・ソング・ライター、ジョニ・ミッチェル。数多のソングライターが愛し、憧れたアーティストである彼女のキャリアを俯瞰する壮大なプロジェクト、”ジョニ・ミッチェル・アーカイヴ・シリーズ”の第一弾作品として昨年リリースされた『JONI MITCHELL ARCHIVES VOL.1: THE EARLY YEARS (1963-1967)』に続き、はやくもシリーズ第二弾となる作品が今ここに届けられる!

◆1971年6月22日、ジョニ・ミッチェルは今や偉大なる歴史的傑作として知られるアルバム『BLUE』をリリースし、初期リプリーズ・レコード期を締めくくることとなった。このアルバムに収録されている感動的でコンフェッショナルな歌は、その後数十年にわたり音楽愛好家や批評家たちから祝福され、プリンスからテイラー・スウィフトに至るまで幅広いジャンルにアーティストに影響を与え続けている。今もなおこのマスターピースへの愛情と尊敬は世代を超えて大きく膨らみ続けているという事実は、昨年Rolling Stone誌が発表した「時代を超えた偉大なるアルバム500枚」の第三位に選ばれたことを見ても明らかだ。

◆この偉大なる名盤の誕生50周年を祝福すべく、ジョニ・ミッチェル・アーカイヴ・シリーズ第二弾作品となる『THE REPRISE ALBUMS (1968-1971)』がリリースされることとなった。ここには、1968年の『SONG TO A SEAGULL』、69年の『CLOUDS』、70年の『LADIES OF THE CANYON』、そして71年の『BLUE』という、彼女がリプリーズ・レコードにのこした4枚のアルバムの最新リマスター音源が収録されている。さらに特筆すべきは、ジョニ・ミッチェル本人とミキサーのマット・リーの手によって新たなミックスが施された音源を採用したファースト・アルバム『SONG TO A SEAGULL』だ。ジョニはこの新たなミックスに関して、こうコメントしている。
「このアルバムのオリジナル・ミックスはひどかった。まるでゼリー・ボウルの中でレコーディングしたみたいな音だったから、私がちゃんと修復したってわけ」

◆「River」や「Chelsea Morning」、「Both Sides, Now」、「Big Yellow Taxi」、「Woodstock」、そして「The Circle Game」といった重要な楽曲をはじめ、ジョニ・ミッチェルが最も才能に溢れたソングライターであることを証明することになった作品の数々が、この『THE REPRISE ALBUMS (1968-1971)』という作品としてひとつにまとめあげられているのだ。ゴールド・ディスクに認定されているセカンド・アルバム『CLOUDS』は、彼女にとって初のグラミー賞受賞作品となり、『LADIES OF THE CANYON』と『BLUE』はともにプラチナム・ディスクに認定、『BLUE』は1999年のグラミー賞において殿堂入りを果たしている。

◆『THE REPRISE ALBUMS (1968-1971)』のカヴァー・アートワークには、当時描かれていた未発表のセルフ・ポートレイトが使われている。また、このコレクションにはジョニ・ミッチェルに多大な影響を受けたグラミー賞受賞アーティスト、ブランディ・カーライルによるエッセイも掲載されている。そのエッセイの中で、彼女はこう記している。
「私にとって『BLUE』というアルバムは、今まで発表されてきた全てのアルバムの中でも最も偉大な作品です。『BLUE』という作品は私をより良いソングライターにしてはくれなかったけれど、より良い女性にしてくれた作品なのです。今現在どんな問題に直面していようとも、どんな時代でも私たちは乗り越えていける、そして喜びを感じることが出来ます。なぜなら、私たちはジョニ・ミッチェルとともに時代を生きているのですから」
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

SONG TO A SEAGULL (1968) - New Mix (Produced By Joni Mitchell, Mixed By Matt Lee)

  • 01. I Had A King
  • 02. Michael From Mountains
  • 03. Night In The City
  • 04. Marcie
  • 05. Nathan La Franeer
  • 06. Sisotowbell Lane
  • 07. The Dawntreader
  • 08. The Pirate Of Penance
  • 09. Song To A Seagull
  • 10. Cactus Tree

ディスク   2

CLOUDS (1969)

  • 01. Tin Angel
  • 02. Chelsea Morning
  • 03. I Don’t Know Where I Stand
  • 04. That Song About The Midway
  • 05. Roses Blue
  • 06. The Gallery
  • 07. I Think I Understand
  • 08. Songs To Aging Children Come
  • 09. The Fiddle And The Drum
  • 10. Both Sides, Now

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Joni Mitchell

もし彼女の音楽を聴かないで、60年代から活躍するフォークのおばさん、的なイメージを何となく抱いている人がいたら、その認識を改めてあげたい。実際にジョニ・ミッチェルの歌と音を聴いてしまうと、単に最近登場したミュージシャンというだけで新しい感じがする人達の数倍も、新鮮で瑞々しく、サウンドへの拘りが強い人だということがわかるだろう。

プロフィール詳細へ

Joni Mitchellに関連するトピックス

おすすめの商品