SHM-CD

To The One

John Mclaughlin (ジョン・マクラフリン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MICJ30001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ジョン・マクラフリンの約2年振りとなるリーダー・アルバム。アラン・ホールズワース、LEVEL42等の仕事振りで知られるゲイリー・ハズバンド(Key,Dr)他、マーク・モンデジール(Dr)、カメルーン出身でジョー・ザヴィルヌ「ザヴィヌル・シンジケート」での活動でも知られる天才ベーシスト、エティエンヌ・ムバペ等いずれも一線級のテクニックを有するプレイヤーをフィーチュアした、2007年結成の自己のユニット「4th Dimension」を従えてのレコーディング作。息をも衝かせぬ超絶技巧を駆使した各プレイヤーのプレイには圧倒されること必至、これぞインプロビゼーションの真髄を味わわせてくれる極め付きの一作。

内容詳細

自身のユニット4th Dimentionを率いたアルバム。本作制作に至るきっかけにジョンは、コルトレーンの『至上の愛』を挙げているが、それは音楽面以上に精神的支柱としてのことだろう。ジョンたらしめるハイパー・サウンドは相変わらずで、「ニュー・カルナ」にその精神世界が見えるようでもある。(辺)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
久々に聴いたのは、昔より迷いの無い澄んだ...

投稿日:2010/07/23 (金)

久々に聴いたのは、昔より迷いの無い澄んだ表現となって、しかもダルなところも無く懐かしい。覗き見る世界のホールはディスクの鏡に見える自身の醒めた表情さえ、視線を留めぬことなき生死の意味をも問えぬ理解の果てだろう。これだけのすごテクでこちら側から発するサウンドが節度を持って吸い込まれる生々しさが心地良い。ニューカルナは変わらぬ語りがまだ朽ちぬ彼のピュアーな現在が追伸と読めてなお嬉しい。相変わらずの潔癖症かな。そこも変わらず。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Mclaughlin

 ジョン・マクラフリンは同郷のアラン・ホールズワースと共にジャズ〜ロックの両分野でトップに君臨したギタリストで、マイルス・デイヴィスに起用された In A SIlent Way と Bitches Brew における演奏で、大きな評価を決定的にした。さらにジョン・サーマンがフリージャズ・シーンに投げかけた問題作 John Surman にも参加。マイルスの Tribute To Jack John

プロフィール詳細へ

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品