CD

ジョー/ライヴ・フロム・ジャパン

Joe (ジョー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP2766
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

JOEのキャリア初、ファン待望のライヴCDが遂に7月リリースされる。内容は2009年9月〜10月にかけて行われたビルボードライブ東京での来日公演の模様を収録したもので、日本のファンにとってはなおさら思い出深い一枚となりそうだ。「I Wanna Know」「No One Else Comes Close」「All That I Am」といったクラシックも、キャリアを重ね、シンガーとして深みを増した今のJOEが歌うライヴ・バージョンで聴く素晴らしさは格別。オリジナルの魅力に匹敵する、充実のライヴCDに仕上がることは間違いなさそうだ。さらにスペシャル・ボーナス・トラックとして今年3月にNYで共同レコーディングが実現、大きな話題を呼んだ清水翔太とのコラボレーション楽曲第2弾を収録予定!!

*7/7発売予定の清水翔太ニュー・シングルにカップリング収録予定のコラボレーション楽曲とは異なる新曲となります。

内容詳細

日本での2009年9月のライヴを丸ごと収録。MCに呼び込まれ、生のバンドがバックを務め、折りに触れてゴスペルのライヴのようにもなる、これぞソウル・ショーというゴージャスな趣で、ジョーも隅々まで気を抜かずに完全燃焼。DVDもあるが、歌と音に集中できるCDもいい。★(依)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ホエア・ユー・アット
  • 02. イフ・アイ・ウォズ・ユア・マン
  • 03. ホワイ・ジャスト・ビー・フレンズ
  • 04. ミス・マイ・ベイビー
  • 05. ウィー・ニード・トゥ・ロール
  • 06. マイ・ラヴ
  • 07. スタッター
  • 08. ライド・ウィット・U
  • 09. レッツ・ステイ・ホーム・トゥナイト
  • 10. アイ・ワナ・ノウ
  • 11. オール・ザット・アイ・アム (アコースティック・メドレー)
  • 12. ノー・ワン・エルス・カムズ・クロース (アコースティック・メドレー)
  • 13. ワースト・ケース・シナリオ
  • 14. オール・ザ・シングス
  • 15. グッド・ガールズ
  • 16. マジック・メドレー
  • 17. ロール・ウィット・ミー duet with 清水翔太 【スペシャル・ボーナス・トラック】

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
2010'のビルボードライブはこの作品リリー...

投稿日:2010/10/05 (火)

2010'のビルボードライブはこの作品リリースに合わせて数曲セットリストが変わっただけだった。 セットリストがわかっててもJoeのステージはたまらない。 曲中にバラや握手、ハグなんかで歌詞も飛んでないしライブ盤としては良いと思います。 ♪I Wanna Knowは最高でしょう! ちなみに、大阪はお客さんバンバン歌います。Joeからマイク向けられて…

ノーティーかおる さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
待ってました!ライブ盤☆ 行けなかったか...

投稿日:2010/07/29 (木)

待ってました!ライブ盤☆ 行けなかったから尚更。 Joe の歌声が心地良いねー♪ ただ、ライブ時間が余りに短い。収録時間はたったの60分。曲をフルに歌ってない曲が多過ぎるんだ。夜の公演もあったから、しょうがないでは済まないなぁ〜 ”No One Else Comes Close”は本当にフルで歌って欲しかったし、”Let’s Stay Home Tonight”はスタジオ・ヴァージョンでやってほしかった。 でも、サンセットの湘南を、恋人とドライブしながら聴けるアルバムになるのは間違いない♪

ピータン さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Joe

ソングライターであり、プロデューサーとしても知られるセクシー系男性シンガーとして、同じような境遇にあったR Kellyと常に比較されてきたJoeだが、あえて逆手にとりそのR Kellyとタッグを組み、5thアルバム「And Then...」をリリースした。どこまでも優しく切ないシルキー・ヴォイスが織りなすスウィート・ラヴ・ソウル。レコーディング・キャリア10周年の重みがにじみでた作品だ。

プロフィール詳細へ

Joeに関連するトピックス

R&B/ダンス に関連する商品情報

おすすめの商品