CD

Bird Songs

Joe Lovano (ジョーロヴァーノ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCJ90050
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ジョー・ロヴァーノのブルー・ノートへの第22作目は、偉大なるチャーリー・パーカーの足跡に取り組んだ試み。2010年JJAジャズ・アウォードでベスト・スモール・アンサンブル及びダウンビートの評論家投票でベスト・ジャズ・グループを受賞した若きグループUS FIVEを率いて、「この録音を通して、いかにパーカーがソリストとしてだけでなく、アレンジャー、バンド・リーダーとして展開して行ったかを課題とし・・・この録音がその課題にたいするささやかなる回答」とロヴァーノは語ります。

Joe Lovano - Saxophone
Otis Brown III & Francisco Mela - drums
Esperanza Spalding - Bass
James Weiden - Piano

内容詳細

当代随一のジャズ・サックス奏者がビバップの父であるパーカーの楽曲に挑んだ注目作。ロヴァーノはテナー奏者として知られるが、ジャズの聖典ともいうべき名曲群に果敢に挑み、見事に自分の色に染めている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アメリカでは絶大な人気のジョー・ロバーノ...

投稿日:2011/01/15 (土)

アメリカでは絶大な人気のジョー・ロバーノだか、日本での人気はイマイチ。私自身も何回かチャレンジしたが、何となくよく解らない印象。  そんな彼が、チャリーパーカー追悼?のアルバムを出すというし、結構売れている見たいと言うので買いました。一曲目からダークなロバーノワールド全開です。パーカーの愛した曲が中心だと思うので、曲目を見ると馴染みの曲が多いハズ。でもロバーノのアプローチは全く彼の世界で、今までとは別の物に感じました。  万人受けするものではないと思いますが、こんなアプローチがあるんだと思わせる一枚です。

ボ〜ン さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Joe Lovano

1952年、オハイオ州クリーブランド生まれ。現在のブルーノートを代表するテナー・サックスの巨匠。作品ごとに新たな一面を覗かせてくれる。

プロフィール詳細へ

Joe Lovanoに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品