CD

Dear Billie

Joe Barbieri (ジョー・バルビエリ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RPOP10029
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

チェット・ベイカーへのオマージュ作に続く、ジョー・バルビエリのもう一人のアイドル、ビリー・ホリデイのレパートリー集。イタリアン・ジャズ最高峰のミュージジャン3人が参加した超絶ミニマル・サウンド。

■ジョー・バルビエリが最も敬愛する二人のジャズ・アーティスト〜チェット・ベイカー、ビリー・ホリデイ。そのうちのチェット・ベイカーへのオマージュはチェット没後25周年に『Chet Lives !』を発表(2013年)、それ以来ビリー・ホリデイへのオマージュ作品ブランを温め続けていた。そして今年ビリー・ホリデイ没後60周年という節目に、ビリー・ホリデイのレパートリー集として待望の新作を遂に完成。

■もともとクワイエット・ジャズ性が強かったサウンドが、今回は究極にまで展開された美しいアルバム。ビリー・ホリデイの世界を表現するためのスピリチュアルが、細かいところまで行き届いたデリケート・サウンドとして昇華されている。レパートリーはビリー・ホリデイの名唱として記憶されている名曲ばかり。アルバム『レディ・イン・サテン』からM1,2,5, そして日本盤ボーナス曲M10、さらにアルバム『奇妙な果実』からM4、レスター・ヤングとの名演が名高い『ファイン・アンド・メロウ』からM3、テディ・ウィルソンとの名演からM7,9、DECCAシングルM8などをセレクト。また本作自体をビリー・ホリデイへのプライベートな手紙と位置付けたオリジナルM6と、『アパートメントの宇宙飛行士』にも収録していたM11をセルフカバー。

■本作はベース/ピアノ/クラリネット編成という最小限かつ最高のメンバー、まさにイタリアン・ジャズの至宝三人が参加。ベースはエンリコ・ピエラヌンツィ(p)に欠かせない右腕として君臨するルーカ・ブルガレッリ。ピアノはLTCトリオ、ニコラ・コンテ・ジャズ・コンボへの参加を始めイタリア主流派ジャズでエレガントな演奏を数多く残しているピエートロ・ルッス。そしてクラリネットは、ステファノ・ボラーニ作に参加したり、さらには4月に来日したブラジルを代表するギタリストのギンガとの共作も多く、ギンガに「まるで歌っているよう」とも称されたスペシャルなプレイヤー、ガブリエル・ミラバッシ。とりわけガブリエルのクラリネットはまるでレスター・ヤングのようなサウンドとして、このビリー・ホリデイ集に貢献している。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

イタリア生まれのシンガーソングライターによるビリー・ホリデイへのオマージュ。「レディ・イン・サテン」「奇妙な果実」といった代表作から数々の名曲をピックアップしており、ただならぬ敬愛を感じさせる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヨーロッパ に関連する商品情報

おすすめの商品