CD

Somethin' Right <紙ジャケット>

Jim Schmidt

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCD24981
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ, リマスター

商品説明

80年代に西海岸のマイナーレーベルからひっそりとリリースされた、そのパーフェクトな都会的AORサウンドに透明感に溢れた歌声!そしてプライベート盤にもかかわらずペイジズのリチャード・ペイジとスティーブ・ジョージ他、AORリスナーには堪らないメンバーの参加!

隠れ名盤としてAOR好きは勿論、オリジナルのレアさも相まってレア・グルーヴ・コレクターをも虜にしてきたジム・シュミット「サムシング・ライト」が遂に甦る!10年以上前に極少数限定で再発されるも一部での予約完売もあり再発盤も今やレア、今回は新たにリマスタリングを施し初の紙ジャケット仕様で待望のリイシュー!!

1983年にUSカリフォルニアのEmerald Recordsよりリリースされた本作はCCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)系AORの名盤として高い評価を得ていましたが、それもそのはずプロデュースとアレンジを手がけたテリー・ウィンチによるハイセンスなプロダクションはもちろんのこと、ペイジズのリチャード・ペイジとスティーブ・ジョージのコーラス参加やシーウインドのボブ・ウィルソンやロビー・デュークによる楽曲提供などAORリスナーには堪らない充実のサウンド!これぞAOR!とも言うべき爽快感溢れる「Love Has Taken It All Away」(M1)に始まり、ピアノのバッキングが心地よい「Somethin' Right」(M2)、「Within His Joy」(M4)といったミディアムナンバー、優しい歌声に癒されるしかないバラード「The Person That I Really Want To Be」(M5)、さらにはラストを飾るディスコ・チューン「Destiny」( M10)と聴きどころ満載の1枚!今回のリイシューにあたりオリジナル・ジャケットを可能な限り再現した世界初となる紙ジャケットを採用、さらに新たにリマスタリングを施した最新仕様でのリイシューです!

★初回限定生産
★紙ジャケット仕様


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

1983年に米のマイナー・レーベルから発表された、ジム・シュミットの隠れた名盤。透明感あふれる歌声とパーフェクトな都会的AORサウンドが聴きどころで、ペイジズのリチャード・ペイジとスティーブ・ジョージのほか、AOR界隈の人気者たちが参加。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 この拙いレビューが果たしていつまで残っ...

投稿日:2010/10/23 (土)

 この拙いレビューが果たしていつまで残っていられるのか…。数百枚限定というレアなリリース故の哀しい性なのか…。  とにかく廉価で、オビ裏の解説文以外には歌詞・対訳も一切なしのチープな自主製作盤のような代物ですが、オビの表面に記された”80年代AORの隠れ名盤の1つと評される…”が正に真実であることを、幸運にもこのアルバムを入手された方は実感されることと思います。  CCM特有のポジティブでブライトなメロディー・ラインは、オープニングのミディアムな立ち上がりから少しもブレることなく、どこまでも続く快晴の大空を飛び続けているような、「約束の地」への安定したフライトを約束してくれます。  軽くスキップしたくなるようなポップなナンバーや、思わず頬が緩んでしまうようなアコースティックな小品、疲れたハートを癒してくれる耽美でジェントルなバラードなど、捨て曲なしの充実したアルバムです。何となく違和感のあるラストの1曲を除けば、ですが…。  ネットのおかげでしょうか。こんな隠れた名盤を手にすることができるなんて…。もちろん、CCM系が苦手な方にはお薦めできませんが、個人的には今年一番の大きな収穫になりそうです。

ねずみ さん | 山口県 | 不明

0

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品