CD 輸入盤

San Francisco 1986

Jim Hall (ジム・ホール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EQ2CD6011
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Described by Sonny Rollins as a forceful and sensitive player and by Pat Metheny as the father of modern jazz guitar, Jim Hall is an enigma. At first what you hear is a mild mannered, proficient guitarist, not too flash, always tasteful. Listen a little closer though and you find an experimentalist, a quiet revolutionary. Howard Roberts played faster, Joe Pass probably had more chord substitutions, but Jim seems to convey more personality with his clean, slightly muted tone, harp-like strumming and playful approach to rhythm. Performed at the Great American Music Hall, San Francisco, April 15th, 1986 and broadcast by KSAN-FM this concert presents Hall's working trio with Akira Tana on drums and Steve LaSpina on bass. A 2CD Digipack set presented in superb fidelity with background notes and archival imagery.

収録曲   

ディスク   1

  • 01. With A Song In My Heart
  • 02. All the Things You Are
  • 03. Three
  • 04. Secret Love
  • 05. Chelsea Bridge
  • 06. Down From Antigua (Drum Solo)

ディスク   2

  • 01. I Should Care
  • 02. Blue Monk/Hide & Seek
  • 03. Indian Summer
  • 04. Bottlenose Blues
  • 05. Waltz New
  • 06. MASH Theme
  • 07. Waltz New (Reprise)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jim Hall

 高校を卒業し、クリーブランド音楽学院を終了し、ギタリストとして生きていく決心を固めた。ジムはオハイオを後にしてロス・アンジェルスに移る。1955年ジムはチコ・ハミルトンのコンボに加入していた。ジムはジャズの第一線に踊り出たのだった。この当時の演奏は、自己名義の Jazz Guitar、ビル・エヴァンスとの不滅の名演、Undercurrent、そして、ポ-ル・デスモンドの Paul Desmond

プロフィール詳細へ

Jim Hallに関連するトピックス

おすすめの商品