CD 輸入盤

Turn

Jerome Sabbagh

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SSC1385
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

偉大なるレジェンド・ドラマー、ポール・モチアンのキャリア最後期のメンバーの一人であるジェローム・サバーの新作。
モチアンとは、本バンドのギタリスト、ベン・モンダーと共に2011年頃のトリオのメンバーとして抜擢され活躍。その名をワールドワイドにしたと言えましょう。しかし、このバンドでの活動は今からさかのぼること10年あまり。Fresh SoundNew Talent でデビューを飾り、ジェロームの出身国のレーベルであるBee Jazz から一作(Bee Jazzではトリオ編成の作品などもリリース)、本作は再びレーベルを移籍し、Sunnysideからの第一弾ですが、このユニットでは3作目の作品となります。

10年同じメンバーでのレギュラー・バンドを率いることの難しさは言うまでもないでしょう。それがヨーロッパからNYに進出して活動するということであれば困難さはさらに極まるというもの。しかし、それを成し遂げるのには理由があり、本作には10年を経たステップアップが確実に見えます。路線的にはトリスターノの流れを汲むブルックリン系と言われるスタイルを通しつつ、バンドのダイナミズムはディープに進化。マーク・ターナー・ファンあたりもゾクゾクさせるに違いない先鋭的なブロウを聴かせるM-3 には、ジェロームの充実のテクニックと共に、フレーズを完全に自分のものにした貫禄も感じさせます。一方、昨今、再び注目度を大きくアップしているベン・モンダーのダイナミズム溢れる演奏も注目。ジム・ホール直系、浮遊感溢れるスペイシーなコードと、アルペジオとをシンクロさせたミステリアスな音空間でバンドを包む場面もあれば、刃物のような切れ味を見せるディストーションをかけたフレーズも炸裂。気心も知れたメンバーとの演奏の中で、職人的なベン・モンダーも本領発揮した演奏を聴かせてくれます。7曲がジェロームによるオリジナル。残る一曲がポール・モチアンによるコンポジション「Once Around The Park」。自らを飛躍させてくれた師への追悼の演奏も聴かせてくれます。

Jerome Sabbagh (ts)
Ben Monder (g)
Joe Martin (b)
Ted Poor (ds)

収録曲   

  • 01. The Turn
  • 02. Long Gone
  • 03. Banshee
  • 04. Ascernt
  • 05. The Rodeo
  • 06. Cult
  • 07. Once Around The Park
  • 08. Electric Sun

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品