CD

『太陽の塔』オリジナル・サウンドトラック

Jemapur

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OTCD6549
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

1970年、アジア初の万国博覧会となった歴史的な大イベント「日本万国博覧会(大阪万博)」のテーマ館の一部として、芸術家:岡本太郎がデザインし建てられた『太陽の塔』。岡本太郎は何のために『太陽の塔』を創ったのか?今、明かされる『太陽の塔』の謎。岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名へのインタビューを敢行。芸術論だけでなく、社会学・考古学・民俗学・哲学の結晶としての岡本太郎が語られ、『太陽の塔』に込められたメッセージを解き明かす。2018年9/29(土)に公開されるドキュメンタリー映画『太陽の塔』。電子音楽家:JEMAPURが手掛けたサントラが発売。

自身の作品制作のほか、ヴォーカル:ゆう姫とのエレクトロニック・ミュージック・ユニット:Young Juvenile Youthの音楽プロデューサーとしても精力的な活動を続けるJEMAPURが手掛けた、キャリア初となる長編映画のサントラ。Young Juvenile Youthをはじめ数々のコラボレーションをしてきた『太陽の塔』の監督:関根光才に課せられた"自身の音楽制作手法への見直し、破壊と再構築"。JEMAPURの既存のイメージとも言える電子音的な要素は鳴りを潜め、演奏家を招き、音色、リズムを全て指揮、その音をまた編集して画のストーリーにハメこんでいった。映画のサントラとしては勿論、JEMAPURという音楽家が新たな一面を見せる作品となりました。


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ドキュメンタリー映画『太陽の塔』OST。70年に開催された大阪万博の際、稀代の芸術家である岡本太郎によって生み出された異形の作品。その芸術性の深淵を電子音楽家であるJEMAPURがエレクトリカルなサウンドで見事に表現。静謐と破壊。今なお作品に宿る生命を強く感じさせてくれる。(石)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 原初
  • 02. 転生
  • 03. 幼生
  • 04. 梵天
  • 05. 因果
  • 06. 閃光
  • 07. 憧憬
  • 08. 哀歌
  • 09. 森羅
  • 10. 伽藍
  • 11. 遍在
  • 12. 巫覡
  • 13. 相愛
  • 14. 久遠
  • 15. 渾沌
  • 16. 無量
  • 17. 日輪

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Jemapurに関連するトピックス

  • Jemapurの転機となる新作! NujabesのHydeoutからデビューを果たし、その後独自路線を模索してきた鬼才トラックメイカー、Jemapur... HMV&BOOKS online|2012年10月12日 (金) 17:30
    Jemapurの転機となる新作!

ヒップホップ/ラップ に関連する商品情報

おすすめの商品