Japanese Composers Classical レビュー一覧

Japanese Composers Classical | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

52件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 八代秋雄のピアノ協奏曲を目当てに購入しました。しか...

    投稿日:2021/02/17

    八代秋雄のピアノ協奏曲を目当てに購入しました。しかも、初演者中村紘子の演奏となれば尚更です。 NHKの何の番組か忘れましたが、中村紘子のピアノで初めて聞いた時の衝撃は忘れられません。冒頭から何か不気味なメロディーで始まり、有名な1音の連続主題など度肝を抜かれました。これが日本人作曲家の作品とは!。中村紘子の熱演でした。録音が古いのは仕方がないですが、その時の模様が伝わるCDです。

    k.k さん |60代

    0
  • 小山清茂さんの「管弦楽のための木挽歌」は学生時代に...

    投稿日:2018/04/27

    小山清茂さんの「管弦楽のための木挽歌」は学生時代に属啓成氏の本で存在を知り、何度か聞いたことがあるのですが、あまりレコードやCDが発売されなかったので、聴く機会が少ない曲でした。(吹奏楽版は動画サイトでよく見ますが)。あらためて聴きなおしてみると、日本の情景がくっきりうかぶ素晴らしい曲であることを再確認しました。鋸を挽く音を描写した部分などは印象が強く、小山氏の創意や作曲技術に感心いたします。他の収録曲も有名な曲が多いのですが、外山さんの「ラプソディー」なども含め、特に打楽器の音質や迫力など、まず満足です。

    テリーヌ さん |60代

    0
  • 福島和夫氏・鈴木博義氏・武満徹氏などが活躍していた...

    投稿日:2018/04/13

    福島和夫氏・鈴木博義氏・武満徹氏などが活躍していた実験工房のメンバーの意欲が伝わってくるような作品群です。はるか昔、NHK「現代の音楽」で実験工房関係作品が取り上げられていたとは、言われれば当然ながら、今まで気づきませんでした。今聴けば違和感がないのも時代の流れでしょうか。武満さんが高く評価していた才能豊かな鈴木博義氏の作曲家引退(実業界に転身)が残念です。

    テリーヌ さん |60代

    1
  • 15年前の出版だから新しくはない しかも録音はさらに...

    投稿日:2018/01/31

    15年前の出版だから新しくはない しかも録音はさらに古く 半世紀前と四半世紀前のものだ だが今聴く価値がある名曲名演奏と言おう 戦後3年に作曲された70年前の”フルート協奏曲” 早逝した尾高尚忠の傑作 名手ランパルの演奏が聴ける ドイツ音楽の構成美を形作りながらペンタトニックやアジア的旋律の主題を縦横に展開してみせる その20年後矢代秋雄は”ピアノ協奏曲”を書いた パリでメシアンに学んだ矢代作品は難曲中の難曲で滅多に演奏されない 故中村紘子が奮闘している ピアノの様々な表情が聴けて面白い 30年前に京響の委嘱で吉松隆は”ファゴット協奏曲”を書く 祇園祭の長刀鉾に描かれたユニコーンを象徴としてその一本角にファゴットを見立てて発想された音楽は魅力的なのだ 戦後民主主義国家となった日本の風土が生んだ音楽はユニークで興味深い 20世紀の音楽を俯瞰した時 日本音楽は聴き逃せない 手に入りづらくなっている当演奏の再発をDENONに願いたい できればあなたもお聴きを    

    風信子 さん |60代

    0
  • 東京都交響楽団のコンサートマスター小林健次を中心と...

    投稿日:2017/12/09

    東京都交響楽団のコンサートマスター小林健次を中心として’74年に結成された名弦楽四重奏団”ニューアーツ”はその名乗りのように現代音楽演奏に特化した団体だった 四人は都響の団員で構成される 現在は皆退団している 同時に”ニューアーツ”が演奏している姿もその演奏も霧消した だが忘れられない この”DIRECTION”も入手不可能になっている 確か彼らだけの演奏で構成されたディスクはこの一枚だけだと思う 実演の情景は今も鮮明に思い出される 無愛想なのにフレンドリーな空気に包まれて和やかだった 四人の個性が手に取るように分かり面白かった 求道者小林の気難しい遊びに平尾 江戸 苅田が嬉々として加わった感があり微笑ましかった 現代音楽=難しいの公式を消し去るクリアーで実に音楽的な演奏で(知情意のバランスが取れているという意味で)自然に身内に流れ込んできた 都響は21世紀になって上手くなったのではない 小林の時代から一頭地を抜いていたのだ そのパートリーダーが集っての仕業であれば傾聴に値した 楽団の復活は叶わないが 演奏記録を収集して新たなディスクが編集されんことを願うものだ また是非多くの人の耳に届けたい

    風信子 さん |60代

    0
  • 日本人なら一度は、いや何度も味わって聴いておきたい...

    投稿日:2017/04/09

    日本人なら一度は、いや何度も味わって聴いておきたい、まさに邦人作曲家作品の決定盤です!本盤を購入してから数年後のレビューとなってしまいますが、日本狂詩曲を視聴したときに味わったあの衝撃は、今でも克明に覚えています。すぐに購入して、ほかの作品にも食い入るように耳を傾けたものです笑。正直に言えば、かつては「日本の作曲家なんて・・・」、と妙に偏見を持っていたのですが、本盤を聴いて私の考え方は180度変わりました。西洋の真似事なんかではない、真に内から湧き出た日本の熱き心、というと大仰ですが、とにかく理屈抜きに感動しました。その後、邦人による多くの作品を聴いてきましたが、振り返ってみると、本盤は選曲も構成も見事なものです。他のレビュアーの皆さんの仰るように、曲によっては燃焼度が低く感じられるものも確かにありますが、全体的には申し分ないものです。非西洋の作曲家には抵抗がある、という人にこそ、本盤を聴いてみてほしいです。きっと、日本人であればなおさら、何か感じるものがあるかと思います。

    ブルノのおっさん さん |50代

    0
  • 滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアで...

    投稿日:2016/06/13

    滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアでも弾ける簡単な曲ですが、心を打つ作品です。早世であったことが残念です。長生きしていればもっと多くのピアノ曲も残していたかもしれません。

    テリーヌ さん |60代

    1
  • 滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアで...

    投稿日:2016/06/13

    滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアでも弾ける簡単な曲ですが、心を打つ作品です。早世であったことが残念です。長生きしていればもっと多くのピアノ曲も残していたかもしれません。

    テリーヌ さん |60代

    0
  • 滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアで...

    投稿日:2016/06/13

    滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアでも弾ける簡単な曲ですが、心を打つ作品です。早世であったことが残念です。長生きしていればもっと多くのピアノ曲も残していたかもしれません。

    テリーヌ さん |60代

    0
  • 滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアで...

    投稿日:2016/06/13

    滝廉太郎の「憾」が印象的。難易度からみてジュニアでも弾ける簡単な曲ですが、心を打つ作品です。早世であったことが残念です。長生きしていればもっと多くのピアノ曲も残していたかもしれません。

    テリーヌ さん |60代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%