アウトプットに必要な基本英文法

Jamesm.vardaman

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784327452674
ISBN 10 : 432745267X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
152p;19

内容詳細

英語で言いたいことを明確に伝えたい。話すために、書くために、必要な英文法をわかりやすく解説。これ1冊で英語の効果的なoutput(発信)術が身につく。

目次 : 現在形 ちょっと上級の使い方/ 疑問文 yesかnoかで迷わないために―「自己本位」で答えよう/ 質問と依頼 肯定疑問と否定疑問―丁寧なのはどっち?/ have 「持っている」だけじゃない動詞のhave/ 現在進行形 「いま」っていつ?/ 仮定法 that節の中で用いる場合/ if節と動詞の形 2種類の仮定/ comeとgo どっちを使う?/ 過去形vs.過去進行形 「強調」のための進行形と「状況描写」のための進行形/ used to 「いまはやっていませんが…」〔ほか〕

【著者紹介】
ジェームス・バーダマン : 1947年、テネシー州メンフィス生まれ。ハワイ大学大学院修了(専攻はアジア研究)。早稲田大学文化構想学部教授

安藤文人 : 1957年、岐阜県岐阜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程単位取得満期退学。早稲田大学文化構想学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Haruka Fukuhara さん

    コンパクトにネイティブならではの文法解説が並んでいて勉強になった。音声ダウンロードが自分はうまくいかなかったのがやや残念だけどそれでも十分買った価値はあった。あとパスワード不要の音声も結構あるので研究社のホームページは一度見てみるといいと思います。

  • どりたま さん

    ネイティブでなければ書けない本。著者は日本語もかなりのレベルだと思うので明確な表現を日本語訳につけられるのだと思う。日本人と共同の書なので日本人の訳への貢献度はわからないが…。このレベルをアウトプットに使うにはやはりネイティブレベルだと思うが、使えきれなくても知っているだけでも役立つと思った。

  • Munedori さん

    かつて学生時代だったときには教わらなかったことがたくさん書いてあり、とても勉強になった。

  • playerpiano さん

    これは便利!Don't you like〜?とかYou are … aren't you?と言った否定形疑問文の答え方や、過去形、過去進行形、完了形、過去完了形、過去完了進行形の使い分けなど一から学び直すのは面倒だけどミスしやすい英文法がコンパクトかつ明快な解説でまとめられています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品