James Taylor

James Taylor (ジェイムス・テイラー) レビュー一覧

James Taylor | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

37件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • リマスター待ちの1枚。

    投稿日:2019/01/21

    リマスター待ちの1枚。

    ホーペ さん |50代

    0
  • 「Fire & Rain」… すべてはここから始まった。 出...

    投稿日:2018/03/17

    「Fire & Rain」… すべてはここから始まった。 出だしのイントロを聴いただけで、懐かしさのあまり胸が熱くなる人も多いのでは。

    ハリアー黒 さん |60代

    0
  • ネバーダイヤング当時のサウンドを彷彿とさせてくれる...

    投稿日:2017/01/12

    ネバーダイヤング当時のサウンドを彷彿とさせてくれる。アメリカでも人気復活の様だが、歳を重ねてさらに成熟味が増したか、聞く人を引き込んでいくヒューマンな重みを持って包みこむ唯一無比な音楽性はリスナーと共にノスタルジックに進化している。

    brian さん |60代

    1
  • ジェイムス・テイラーの最高作と評したい。最高傑作と...

    投稿日:2012/03/31

    ジェイムス・テイラーの最高作と評したい。最高傑作と書かないのは、一つ一つの曲ではほかのアルバムのキャッチーな曲に及ばないし、最高傑作と断言したのでは、いかにも個人レベルの好みに終わっているように受け取られるのがもったいないからだ。このアルバムは非常に短い曲がいっぱい入っていて、セクションがバッキングをしているのもあれば名うてのスタジオミュージシャンが仕事をしている曲もあったり、バラエティに富んでいる。しかし、そのいろいろな曲が、意識的なのか、奇跡的なのかわからないが、見事な統一感を持って「羅列」されているのだ。ポップスの歴史でもまれにみる曲の並び方だと思う。その上、アコースティック楽器の音色がひたすら格調高く、確かな技術に裏付けされたサウンド的にも大推薦盤だ。

    のんじょんれ さん |50代

    1
  • これはですね 買いのアルバムですよ。JTの「Knock ...

    投稿日:2011/05/05

    これはですね 買いのアルバムですよ。JTの「Knock On Wood 」なんてなかなか聞けませんもんね。

    nonkipapa さん

    0
  • レーベル移籍に伴い原点帰り。前作から一転、シンプル...

    投稿日:2010/12/27

    レーベル移籍に伴い原点帰り。前作から一転、シンプルなタイトルだが、マルチな才能が全開。四面に囲まれないと落ち着かないJT。リンダとのデュエット泣かせます。元妻カーリーの強さが目立ちます。ハンディマンって、慰め男?

    まころん さん |50代

    0
  •  このアルバムは、2曲目に収められている「Music」...

    投稿日:2010/08/21

     このアルバムは、2曲目に収められている「Music」のために買いました。彼にしてみれば、何の変哲もない作品なのでしょうが、その何気ないアコースティックな小品が、自分の中の琴線に触れたのです。  「寂しい夜」や「ハートを隠せば」など、心温まる佳曲は数多くありますが、”音楽”をモチーフに綴られたライトな空気感が、疲れたハートを優しく癒してくれて、自分にとっては手放せない1曲になりました。  もちろん、この1曲だけではないのですが…。

    ねずみ さん |40代

    0
  •  James Taylor の最高峰といえば『Sweet Baby James...

    投稿日:2010/08/20

     James Taylor の最高峰といえば『Sweet Baby James』と『Mud Slide Slim』のツイン・タワーとうのが異論のないところですが、濃紺のオビが白いジャケットにジャスト・フィットしていた好盤も、彼のリラックスした佳曲の詰まった、心地好い1枚です。  優しい雨をイメージさせる「愛の恵みを」に始まり、コンテンポラリーなサウンドやアコースティックな小品などのアップダウンを経て、最後に辿り着く癒しの「黄金の瞬間」まで、絶対的な名盤とは距離を置いているものの、ちょっとした至福の時間を楽しむことができる作品集です。  眩しいほどのネイビー・ブルーに心ときめいたなら、迷わずレジに運びましょう。

    ねずみ さん |40代

    1
  • レビューに書かれているバンドへの物足りなさの意見は...

    投稿日:2010/07/21

    レビューに書かれているバンドへの物足りなさの意見は全く同意出来ない!音楽的センスの無い方のご意見でしょう!だいたいそんなものJT本人が2CDで出すわけが無い。 スゴイ、も〜スゴイ!先ず買ったほうがいい! バンドは、セクションも凄いがこのCDのバンド(この時代のセクションと解釈出来るスタンスのバンド)も兎に角凄い!メンツを見て文句付けられる方の気が知れない。当時の最高のメンツです。 おまけにP・アッシャーのライナーコメントが良い!ダビングなしの素晴らしい録音。マイクをプリアンプに通して、ソニーのデジタルマルチに直で録音されてるらしい。今は無きカルロス・ヴェガのDrも聞けます。 特記すべきは、バレリー・カーターを含む4人のコ〜ラス隊(全員ソロ作も出しているが)。DISC@13のアーノルドの歌声は奇跡としか言えない。 兎に角聞いてから、文句を言って下さい。 その後のビーコンシアターのDVDもお勧め! 基本同じメンバーです。当然素晴らしい。 ホントは星27コ付けたい!^^

    イナダウ〜キ〜 さん |40代

    3
  • このベストアルバムを聴くと彼がいかにボーカリストと...

    投稿日:2009/12/29

    このベストアルバムを聴くと彼がいかにボーカリストとして変わってきたかを感じます。初期はまさにSSWとしてアコギの弾き語り中心、そしてだんだんAOR化してきます。個人的にはAOR路線を追いかけて購入したのですが、初期から中期の曲中心であり、統一感がなくバラバラな感は否めず、またあまりAORっぽい曲もなく残念でした。

    ひろ さん |50代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%