CD 輸入盤

Singles: Vol.6

James Brown (ジェームス・ブラウン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
B001220402
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
コレクション,輸入盤

商品説明

James Brownのシングル集第6弾が、Hip-O Selectからリリース!今度は1969年から1970年までにリリースされた珠玉のシングルを網羅!もちろん、今回も限定です!

収録曲   

ディスク   1

  • 01. You Got To Have A Mother For Me – Pt 1
  • 02. The Little Groove Maker Me
  • 03. You Got To Have A Mother For Me (Long Version)
  • 04. I Don’T Want Nobody To Give Me Nothing (Open Up The Door, I’Ll Get It Myself) (Part 1)
  • 05. I Don’T Want Nobody To Give Me Nothing (Open Up The Door, I’Ll Get It Myself) (Part 2)
  • 06. I Love You
  • 07. Maybe I’Ll Understand
  • 08. Any Day Now
  • 09. I’M Shook
  • 10. The Popcorn
  • 11. The Chicken
  • 12. Mother Popcorn (You Got To Have A Mother For Me) Part 1
  • 13. Mother Popcorn (You Got To Have A Mother For Me) Part 2
  • 14. Lowdown Popcorn
  • 15. Top Of The Stack
  • 16. World (Part 1)
  • 17. World (Part 2)
  • 18. Let A Man Come In And Do The Popcorn Part One
  • 19. Sometime
  • 20. I’M Not Demanding (Pt.1)

ディスク   2

  • 01. It’S Christmas Time (Part 1)
  • 02. It’S Christmas Time (Part 2)
  • 03. Ain’T It Funky Now (Part 1)
  • 04. Ain’T It Funky Now (Part 2)
  • 05. Popcorn With A Feeling
  • 06. Part Two (Let A Man Come In And Do The Popcorn)
  • 07. Gittin’ A Little Hipper (Part 2)
  • 08. The Brother Got To Rap (Part 1)
  • 09. The Brother Got To Rap (Part 2)
  • 10. It’S A New Day (Part 1) & (Part 2)
  • 11. Georgia On My Mind
  • 12. Funky Drummer (Part 1)
  • 13. Funky Drummer (Part 2)
  • 14. Let It Be Me Duet With Vicki Anderson
  • 15. Talkin’ Loud And Saying Nothin’ Pt. 1 & Pt. 2
  • 16. Bewildered
  • 17. Brother Rapp (Part 1) & (Part 2)
  • 18. A Man Has To Go Back To The Crossroads
  • 19. The Drunk

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

James Brown

20世紀の黒人音楽の歴史で、最も偉大な功績を残したアーティスト。「ゴッドファーザー・オブ・ソウル」を始め、「ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン」、「ハーデスト・ワーキング・マン・イン・ショウ・ビジネス」、「ミスター・ダイナマイト」、そして最近では「ザ・モースト・サンプルド・マン」といった異名を持つ。黒人が表現できるファンキーなリズムとビートを体言し、60年代から70年代まで何度も黄金期を迎える。70

プロフィール詳細へ

James Brownに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品