CD 輸入盤(国内盤仕様)

Truth, Liberty & Soul: Live In NYC: The Complete 1982 NPR Jazz Alive! Recording (2CD)(帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKJ1021
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

話題の絶えないResonance社から、今度はジャコ・パストリアスのワード・オブ・マウスの激レア音源が登場。本作品も、ジャズ史上を揺るがす発掘音源の作品化です。

ジャズ・ファンはもちろんのこと、それ以外の音楽ファンも必聴。本盤では、1982年6月27日のニューヨーク、クール・ジャズ・フェスティヴァルでの演奏14曲を全て収録。出元は、NPRの放送音源で、「Jazz Alive」という番組のために収録されたものですが、番組で放送されなかった約40 分の音源も全て収録しています。また、過去にプライベート盤としてごく一部に出回っていましたが、その音源の元もこの番組の劣悪な“エア・チェック”。つまりは全音源が初の作品化ともいえる貴重なものと言えます。

しかし、そうした音源の発表の事情を越えて、この音質と演奏が驚愕と言えます。オリジナル音源は24チャンネル録音による至高のハイクオリティ・サウンド。音質は、スタジオ録音と思うほどのクリアさであり、またビッグバンドのダイナミズム、各人の演奏のすばらしさも伝えてあまりあります。演奏も、“筆舌に尽くしがたい”ものと言えます。まずジャコの超絶技巧に驚くことはもちろんですが、“天才ジャコ”という認識を充分もった上で聴いてもこの日の演奏はすばらしいもの。また、この演奏を聴くと、コンポーザー、アレンジャーとしてのジャコの才能にも改めて気づかされます。ウェザー・リポートからの朋友ピーター・アースキンをはじめ、ランディ・ブレッカー、ボブ・ミンツァー、オセロ・モリノー、ドン・アライアスをコアメンバーに、当時のスタープレイヤーが集ったのが、ワード・オブ・マウスですが、チューバやフレンチ・ホルンといった管楽器もフィーチュアした手腕、またハーモニカのヒーロー、トゥーツ・シールマンス、人気パーカッショニスト、ドン・アライアスの起用など、何をとっても憎い!の一言。

楽曲は「インヴィテーション」、「チキン」、「ドナ・リー」、そして名バラード「スリー・ヴューズ・トゥ・ア・シークレット」といったおなじみの楽曲からマニアックなものまで。また今回の大きな話題は、「ブルーゼット」でもあります。言わずもがな、トゥーツ・シールマンスの名曲ですが、オセロ・モリノーのスティール・パンの音と可憐に綴られるハーモニカのメロディは、愛らしいトゥーツの姿を伝えるものとなっているのです。加えて、パーカッションを大フィーチュアする演奏も。こうした演奏が明らかになることによって、ジャコの才能も立体的になって行きます。

そして、大団円となるラストトラックは、全メンバー、アップビートのシャッフルでノリにのった演奏。会場の拍手や歓声もとどろくように響き渡ります。

2011年この音源の存在を知ったプロデューサーは、着手以来5年あまりの時を経てこのたびようやく作品化にこぎ着けました。ブックレットも激厚(熱?)の100ページに及び、未発表写真、貴重な証言の数々を掲載した永久保存版です。

ピーター・アースキンももちろん証言。そして、大絶賛してやまない演奏!と語っています。

Jaco Pastorius (b,vo)
Bob Mintzer (ts,ss,bcl)
Randy Brecker (tp)
Othello Molineaux (steel drums)
Don Alias (perc)
Peter Erskine (ds)
Bob Stein (as)
Lou Marini (ts)
Frank Wess (ts)
Howard Johnson (bs)
Randy Emerick (bs)
Alan Rubin (tp)
Lou Soloff (tp)
Jon Faddis (tp)
Ron Tooley (tp)
Kenny Faulk (tp)
David Taylor (tb)
Jim Pugh (tb)
Wayne Andre (tb)
John Clark (frh)
Peter Gordon (frh)
David Bargeron (tuba)

Special Guest:
Toots Thielemans (harmonica on CD1:M4,5,6、CD2:M7)

内容詳細

クール・ジャズ祭に出演したジャコ・パストリアス・ビッグバンドの演奏を収録した初登場盤。音源はNPRのラジオ放送で放送されなかった約40分間の音源もすべて収録。元の音源が高音質なので音質がいいのがうれしい。これまで世に出ていなかったのが不思議だ。(信)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jaco Pastorius

 ジャズベースの歴史の中で最大の革命児は間違いなくジャコ・パストリアスに止めを刺すだろう。伝統的なビバップの要素を楽器としてのエレクトリック・ベースの音色、テクニックによって、異なった地平に押し上げ、ジャズの息吹を生かしつつコンテンポラリーなサウンドや表現に高めていった。 1975年には自身のアルバム『ジャコ・パストリアスの肖像』(Epic)を録音すると共に、パット・メセニーの初期の傑作『ブライト

プロフィール詳細へ

Jaco Pastoriusに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品