CD 輸入盤

Jaco Pastorius Band: Tokyo 83

Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EQCD6003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Once they heard him play, few people disagreed with Jaco Pastorius' assessment of himself as the 'greatest bass player in the world'. His meteoric rise in 1977 to the bass chair in Weather Report and his work with Joni Mitchell, established him as a major player on the jazz and rock scenes. Recorded live and broadcast by NHK radio at Shinjyuku Koseinenkin, Jaco Pastorius electric bass; Alex Foster saxophone; Ron Tooley trumpet; Delmar Brown keyboards; Kenwood Dennard drums; Don Alias percussion; Tokyo on 22nd May 1983.

収録曲   

  • 01. Radio Announcer Intro
  • 02. New Reggae
  • 03. Jaco Bass Solo
  • 04. Beaver Patrol
  • 05. Fannie Mae/Why I Sing The Blues/Radio Announcer Outro

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jaco Pastorius

 ジャズベースの歴史の中で最大の革命児は間違いなくジャコ・パストリアスに止めを刺すだろう。伝統的なビバップの要素を楽器としてのエレクトリック・ベースの音色、テクニックによって、異なった地平に押し上げ、ジャズの息吹を生かしつつコンテンポラリーなサウンドや表現に高めていった。 1975年には自身のアルバム『ジャコ・パストリアスの肖像』(Epic)を録音すると共に、パット・メセニーの初期の傑作『ブライト

プロフィール詳細へ

Jaco Pastoriusに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品