Walkabout 美しき冒険旅行

J.v.マーシャル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784860290887
ISBN 10 : 4860290887
フォーマット
出版社
発行年月
2004年07月
日本
追加情報
:
19cm,191p

内容詳細

飛行機事故で大自然の中に放り出された幼い姉弟。大人になるため放浪の旅をしているアボリジニの少年。この3人が出会い、2週間ともに旅する間に人間的な成長を遂げる過程を、美しい自然を背景に感動的に描く。

【著者紹介】
斉藤伯好 : 1935年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部卒業。英米文学翻訳家・作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • トンボ玉 さん

    csで映画観て面白かったしアボリジニーという先住民が出ていたので興味を持ちました。映画とはかなり違ってました。前に読んだネイティブアメリカンの話から各地の先住民の歴史や神話に興味を持ち始めていたので一層興味深く読みました。一番印象深かったのは、「〜アボリジニー頑健な肉体を持ちながらも、精神的な安楽死〜純粋の自己暗示によって死んでしまうということ。ひとたび自分の心が迫り来る死を知覚すると生への執着を放棄するという妙な性癖。」という彼らの世界観。また思索に耽る時、一本足の形になるのが何とも魅力的に見える。

  • Tomoaki Kudomi さん

    読んだのは角川文庫版。古本屋で購入。飛行機事故でオーストラリアの大自然の中に放り出された幼い姉弟と、大人になるための試練を遂行中のアボリジニの少年の物語。白人の姉がアボリジニの少年を導こうとしていたこと、また、アボリジニの少年が彼女らを救わなければと互いに決意していたことが印象的で、先進国の技術や思想をもってして発展途上国を救おうとすることが本当に幸せに繋がるのかと考えさせられた。生活が便利になると同時に人間は弱くなっていくのだろうか。道具の背景にある存在理由を常に問わなければと思う。

  • azuno さん

    本棚の隅から高校(?だと思うけど)時代の英語のサイドリーダー( この本自身抄録)が出てきたので、通して読んでみたいと思い図書館で検索して借りた。全く美しくて、やっぱり哀しいサバイバルストーリー。この邦題は良く付けたと思う。本の装丁は映画化された時の物をそのまま再刊したんだろうけど、映画は見たいような見たくないような・・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品