トールキンズ ワールド 中つ国を描く

J R R トールキン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566023741
ISBN 10 : 4566023745
フォーマット
出版社
発行年月
1994年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
30cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Sumiyuki さん

    うむ。想像力が逞しい。エレンディルとかいたなぁ。たしか人間とエルフの先祖だったような。中学二年生のときにシルマリルの物語も含めてひと通り読んだ覚えがあるものの、内容の記憶はすっからかん。当時は内容をちゃんと理解していたのか、と問われれば決してそうではなく、公開されていた映画を観て、「そういうことか!」と膝を打つ程のボンクラだった記憶は確かにある。あのときから考えると、遠いところまで来てしまったなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J R R トールキン

1892年1月3日、南アフリカのブルームフォンテーンに生まれる。第1次世界大戦に兵士として従軍した後、学問の世界で成功をおさめ、言語学者としての地位を築いたが、それよりも中つ国の創造者として、また古典的な大作、『ホビット』、『指輪物語』、『シルマリルの物語』の作者として知られている。1972年、CB

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品