J M クッツェー / くぼたのぞみ

人物・団体ページへ

鉄の時代 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集1

J M クッツェー / くぼたのぞみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309709512
ISBN 10 : 4309709516
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,258,5p

内容詳細

反アパルトヘイト闘争の激化するケープタウン。黒人への暴力と差別を目の当たりにし、ホームレスの男に看取られることになる初老の女性が、娘への手紙として残した苦悩に満ちた手記。ノーベル賞作家の傑作を初紹介。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第64回)

【著者紹介】
J・M・クッツェー : 1940年、南アフリカ、ケープタウン生まれ。ケープタウン大学で文学と数学を学び、61年渡英。コンピュータプログラマーとして働きながら同大学の修士号を取得する。65年にはアメリカに渡り、テキサス大学で博士号取得。68年からニューヨーク州立大学で教壇に立つが、71年に南アに帰国。以後ケープタウン大学で教えながら、74年の初小説『ダスクランド』を皮切りに、小説や評論を次々と発表する。南アのCNA賞、フランスのフェミナ賞ほか、世界的文学賞を数多く受賞。83年の『マイケル・K』および99年の『恥辱』で英国のブッカー賞を史上初の2回受賞。90年の『鉄の時代』でサンデー・エクスプレス賞受賞。2002年にオーストラリアへ移住し、翌03年にノーベル文学賞を受賞する

くぼたのぞみ : 1950年、北海道生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    漠然としているが、今の世界を見るといつか、起こる予感を書き起したような作品。癌で余命僅かになったが、知的で危険を顧みずに死に向かおうとする若者をしゃむにに救けようとするミセス・カレンは確かに善良な人だった。但し、自己破壊的な「革命」に向かおうとする政情と「アフリカ生まれであり、黒人を支配した白人層」という立場が、彼女が分かり合いたかった人との間に断絶を作り出してしまう。そして不当に差別され、教育すらも満足に受けられない事から自分を損ねても「革命」を起こそうとするベキらの絶望を、彼女は決して理解できない。

  • どんぐり さん

    アパルトヘイト末期の「悪行が押し寄せ、恥じらいや真実が逃げ去る鉄の時代」の南アフリカ。恥が積もり積もってガンになったという白人富裕層の老女が、アメリカに住む娘へ遺書めいた手紙に託す物語。白人層の国外流出が続く南アで黒人の暴力が吹き荒れるなか、ひとり娘を出迎え抱きしめる日を待ち焦がれる老女は、おのれ自身の身体が恥と自己嫌悪で悪性のガンとなり食い荒らしはじめるのを見つめる。「この南アフリカを歩いていると、だんだん、いくつもの黒い顔のうえを歩いているような気がしてくるのよ、それは死んでいる、でも霊魂はまだ去っ

  • アキ さん

    南アフリカで生活するということがどういうことかよくわかる。できればそんな土地で暮らしたくない。しかし人間の生がむき出しになるのもそんな場所。暴力や殺人が日常的である社会であるからこそ人との結びつきを強く求める。わたしたちは抱きしめられるために、抱きしめるのよ。死をも自分のものとして抱擁する。娘に出す手紙をホームレスの男ファーカイルに託すことも信頼できない故に彼を信頼しなければならない。この手紙が終わるとき、あなたに残されるのはわたしの魂。作者であるクッツァーのまなざしはあくまで冷徹である。

  • ユーカ さん

    アパルトヘイト体制時の南アフリカ。70歳の癌におかされた女が書いた、遠くアメリカに住む一人娘に宛てた遺書という形式の物語。ヘヴィすぎてインフルエンザで熱に浮かされている時に読む本じゃないな、と思いながらもゴリゴリと読んでしまった。幾重にも重ねられたベールのような言葉で、複雑な社会、死の間際に置かれた人のギリギリの感じと飢えにも似た孤独が書き連ねられている。私は子宮性を自分が持つことが最近とても嫌なので、物語に上手にシンクロできない部分もあったが、クッツェーは女性を書くことが驚異的に上手いと思う。

  • 音姫 さん

    反アパルトヘイト闘争が激化する南アフリカ。黒人差別と暴力が横行する中、無力を恥じ、苦悩する白人老女の姿がそこに。「善良だけでは不十分、善良であること以上のものが要求される」。米国にいる娘に遺書として、ヘシオドスが描いた鉄の時代と変わらない自身の生活を綴る。信義にもとることさえ苦しみを感じる毎日、娘への愛だけが唯一の真実。ただそれも叶わない最期は、プラトンのイデア、観念として「死ぬことのない永遠の生命」を母から娘へ繋ごうとしたのだろう。やがて住み着いた浮浪者ファーカイルは、その役を最後まで担ったのだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品