ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3‐2 静山社ペガサス文庫

J.K.ローリング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863892354
ISBN 10 : 4863892357
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
333p;18

内容詳細

ハグリッドのペットがマルフォイにけがをさせて大問題に。一方、ハーマイオニーのペットの猫は、なぜかロンのネズミをつけねらい、おかげで二人は大げんか。事件続きのホグワーツにうごめく吸魂鬼は、ハリーを恐怖におとしいれる。「闇の魔術に対する防衛術」のルーピン先生が頼りだが、先生には何か秘密があるらしい…。世界が夢中になった!「ハリー・ポッター」シリーズ6。小学中級より。

【著者紹介】
J・K・ローリング : 1965年、英国南部に生まれる。1997年に出版された『ハリー・ポッターと賢者の石』がベストセラーとなり、「ハリー・ポッター」シリーズ全7巻は、世界中で4億冊以上を売り上げた。2001年、大英帝国勲章(OBE)を受章。2014年現在は、小説のほか映画や舞台の脚本をも手がけている。エディンバラ在住

松岡佑子 : 同時通訳者、翻訳家。国際基督教大学卒、モントレー国際大学院大学国際政治学修士。日本ペンクラブ会員。スイス在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きょちょ さん

    ファンタジー小説らしい素敵な終わり方。 ただ、本題の「アズカバンの囚人」の真相やそこに纏わる人たちは今後の大きな伏線、ということなので3作目まででは止めれないですね。 某教科の先生は今後も毎作変わるんだろうなぁ。それは当然何かしらの「意味」を持たせるだろう。さらに、ダドリーは7作目までにどんだけ太っていくのか(笑)。 ★★★★★

  • gissy さん

    ハリーの名付け親がハリーの目の前に現れて、ハリーが誤解を解いて受け入れたという展開は非常に微笑ましく、そのシリウスを助けるための仕掛けもよくできた話で楽しめました。さあ、炎のゴブレットに進みます。

  • Amazing Grace Maria さん

    ルーピン先生、良い先生だったのになぁ…。全ての巻を通して伏戦があり、意外なところで表だったりする。なかなか面白い。

  • おこじょかぴぱら さん

    シリウスブラックがハリー達に悪い人ではないと分かってもらえてよかったです。残念なのは、シリウスブラックがハリーと一緒に暮らせなかったことです。

  • yokoko10 さん

    シリーズ第3段。今作では、ハリーの父親の親友だった男がキーマン。その男はハリーの両親を殺し、無差別に人を殺した罪で牢屋に入れられていた。その男が脱獄し、ハリーを狙っているという噂が広まる。しかし真実はロンの飼っていたネズミが、実はハリーの父親と同級生で、この男が裏切りを行い殺人を犯し、ネズミに化けていたのだ。この真相をハリーの冒険によって暴く。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド