ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3‐1 ハリー・ポッター文庫

J.K.ローリング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863891647
ISBN 10 : 4863891644
フォーマット
出版社
発行年月
2012年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
349p 15cm(A6)

内容詳細

闇に光る黄色い目。死神犬グリム。そして両親の末期の声を聞かせるアズカバン監獄の看守、吸魂鬼。2つの影に怯えるハリー。折しも脱獄犯がホグワーツに押し入った。ふとしたことからハリーは、両親を死に追いやったのがその脱獄犯と知る。闇の帝王の忠実なるしもべの名前はブラック。脱獄の狙いはハリー…。

【著者紹介】
J・K・ローリング : 1965年、英国南部のチッピング・ソドベリーに生まれる。エクスター大学ではフランス語を専攻。『ハリー・ポッター』シリーズ全7巻は、67ヵ国語に訳され、4億冊以上を売り上げる超ベストセラーとなった。スマーティーズ賞ほか多数の文学賞を受賞し、OBE(大英帝国勲位)やレジオンドヌール章を授与されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新右衛門 さん

    あっという間に3巻。ここまで来るとストーリーの記憶がほとんどない。最近、スマホの検索履歴が「ハリー・ポッター」シリーズの登場人物で一色になっている■今回の相手はシリウス・ブラック。大勢の人を殺して収容されたが、脱獄した。吸魂鬼に抗える実力も備えるだけに、復権を狙う天敵・ヴォルデモートとつながるとやっかいだ■同時に、ハリーの両親が殺された経緯も、思いがけず明らかになる。このシリーズは、少年ハリー・ポッターが秘められた自分の歴史を取り戻す物語でもあったのだと、いまさら気付かされた。

  • MATHILDA&LEON さん

    また新たな年が来て、ハリーも3年生に。新しい事件が起きて学校内だけでなく、魔法界全体に不穏な空気が漂う中、ハリーやその仲間たちは日常を楽しもうと奮闘する。もちろん事件の謎を解き明かそうとするポッターは勇気があって素敵だが、この作品に関しては、毎日をどう楽しんでいるかが私の中でのポイント。友達と宿題をしたり、試合の練習に必死になったり、本当に普通の生活を充実していると感じているハリーがとても眩しく、羨ましいと思う。後半は事件の要素が強くなるので、そちらも楽しみにしよう。

  • 速水こもみち さん

    じわりじわりと迫って来るシリウス・ブラックの恐怖と謎。これまでの作品でも同様だが、続きが気になって前掛かりになって読んでしまう。単純に物語を楽しんでいるだけだが、作者の上手さに乗せられてしまっている。それがハリー・ポッターの楽しみ方!

  • hakohni さん

    何度目かの再読、読了です。シリーズの中で最も人気があると思われる第3作。ルーピンとシリウスの登場の巻ということもあるのでしょうねw 吸魂鬼の常駐を許すしかなかったダンブルドアの苦悩。そして吸魂鬼の侵入を許してしまい、ハリーはクイディッチの試合の最中に箒から落下してしまうという失態。それによって開幕戦を勝利で飾れなかったという悔しさを味わう。ハグリッドの教授就任という新展開もあった。最初の授業で張り切りすぎたか、マルフォイに怪我を負わせてしまい早速ピンチに…。そして後半部分へと入っていきます。

  • Yobata さん

    魔法世界の監獄アズカバンから一人の凶悪犯が脱獄した。彼の名はシリウス・ブラック,かつての闇の帝王の右腕だと言われた男だった。彼の狙いはハリー。ホグワーツにも彼を捕まえようとアズカバンの看守,吸魂鬼が常備する事になり…。ついにハリー自身を標的とした敵が現れる。ヴォルデモートの忠実なしもべだとされるブラックはハリーの父の友人でもあり死に追いやった人物。その事実を知らなかった時は凶悪犯に狙われる脅威にも臆する事なく,監視されながらも日常を送るハリーだったけど、死に追いやった人物だと知り、ハリーに復讐心が→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド