このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年 新潮モダン・クラシックス

J・D・サリンジャー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105910068
ISBN 10 : 410591006X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
256p;20

内容詳細

長兄シーモアが7歳のときに書き残していた手紙には――。グラース家最後の物語、ホールデンの登場作などを含む9編の新訳。

【著者紹介】
J D サリンジャー : 1919年1月1日ニューヨーク市生れ。’40年に短篇「若者たち」でデビュー。’42年陸軍に入隊し、’44年ノルマンディー上陸作戦に参加した。戦争を挟んで多くの短篇小説を執筆する。’51年に長篇小説『キャッチャー・イン・ザ・ラン』を刊行、現在までに全世界で6500万部を超える大ベストセラーとなった。’53年の『ナイン・ストーリーズ』刊行の後、ニューハンプシャー州コーニッシュに隠遁。’65年6月、「ハプワース16、1924年」を発表以後、沈黙を続けた。2010年1月27日没

金原瑞人 : 1954(昭和29)年岡山県生れ。翻訳家、英文学者。法政大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    短編8つ『マディソン...』と『ぼくはちょっと...』ホールデン君、色々とキツかったんだね。『最後の休暇の最後の日』ホールデンの兄とその友人ベイブと妹。妹とは、兄弟とは、なんて愛おしいんだ。この中で一番好き『フランスにて』ベイブの戦争 『このサンドイッチ...』ホールデンの兄の戦争 『他人』ベイブが友人の戦士報告をする 『若者たち』年頃の女の子とパーティ 『ロイス...デビュー』とにかく切ない。増える贅沢品と切り裂かれる心 中編『ハプワース』サリンジャーはこれにて断筆した。その45年後に亡くなるまで。

  • ゆのん さん

    高校生の頃に『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を読み、殆ど理解出来なかった以来のサリンジャー。かなりの大人になったし、どれどれと安易に手にしたが面白かった。ただ、『フラニーとズーイ』や『ナイン・ストーリーズ』を恥ずかしながら未読な為、それらを読了後にもう一度読みたいと思った。苦手だったサリンジャーも克服出来そうで結果良かった。『ハプワース』は7歳の子供の手紙とは思えない内容。自殺するのも何となく頷けるような…。50

  • けいぴ さん

    サリンジャーの名前と本のタイトルで借りてみたものの 思っていたのとは違った。戦争が人々の命を奪ったり残された家族が悲しみに暮れたり。読んでいて辛くなった。「ハプワース」の方は読まなかった。

  • tsu55 さん

    雑誌や新聞に掲載された作品のうち、英語圏で単行本化されなかった短・中編をまとめたもの。デビュー作の「若者たち」から最後に発表された「ハプワース16」までが含まれている。 ノルマンディー上陸作戦に参加し、戦後は深刻なPTSDに悩まされていたサリンジャーが、その従軍体験をもとに書いたと思われる「最後の休暇の最後の日」「このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる」「フランスにて」が心に残った。

  • 踊る猫 さん

    やはりサリンジャーは怖い。そんなに優れた作家だろうか、と考えると留保せざるを得ないのだけれど、ともあれ同世代のみならず後の作家たちと比べても、ここまでセンシティヴに内面の傷と向き合い、どんなマッチョさも跳ね除けて内側に視線を向け続けた姿勢はリスペクトに値すると思うのだ。彼の作品ということで言えば『フラニーとズーイ』などと比べるとこの作品集は見劣りするところはあると思うのだけれど、無視するには惜しい煌めきを備えていると思わされる。ただ、戦争を書き過ぎで距離がいまひとつ取れていないところが、相当に痛々しい……

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品