CD

Illusion 幻想の翼

Illusion (イリュージョン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY9540
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤
追加情報
:
オリジナルデザインを可能な限り再現した紙ジャケット仕様
可能な限り最良のマスターを採用したマスタリング
歌詞・対訳付き
初回限定5000枚
日本盤企画

商品説明

ルネッサンスの遺志を継ぐイリュージョンが78年に発表した2ndアルバム。パンク・ロックの台頭による音楽シーンの変革期にリリースされたとは思えない時を超えた味わい深い作品。儚くも美しいジェーン・レルフの歌声に、アルバム・ジャケットの世界と同様の幻想的でたおやかなサウンドが絡む世界観は彼らならではのもの。名曲「マドンナ・ブルー」収録。

内容詳細

元ヤードバーズ、キース・レルフの遺志を継ぎ、同僚だったジム・マッカーティが率いたグループ。これが78年発表の2作目だが、最後の一枚でもある。ルネッサンス時代のように男女ヴォーカルがメインで、リリカルなプログレ・サウンドにも親しみが持てる。(東)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
Illusionは、活動期がパンク勃発〜隆盛期と...

投稿日:2010/08/28 (土)

Illusionは、活動期がパンク勃発〜隆盛期と重なったのが不幸でしたが、現在に至るまでプログレ文脈で語られているのはもっと不幸。本作も悪くないですが、前作Out Of The Mistが身震いする完璧な名盤なので、そっちの方も必ず聴いてください 。本作に話を戻すと1曲目のMadonna Blueは、ドラマチックで何よりも前作とくらべ、ポップさが増したなと感じられるとてもよい曲です。2曲目Never Be the Sameも、とても美しくて素晴らしい。ただし、アルバム全体としては、Jim Mccarty自身も語っているとおり、若干曲のコマ不足を感じてしまう出来です。ただし、それは前作と比較しての話であり、やっぱりこのアルバムも素晴らしいです。(どっちやねん。)ところで、実は私、Illusionを初めて聴いた時は、Jim Mccartyの歌声がとても苦手で、しばらくは、Illusion自体も苦手でした。そのうち慣れてJimのヴォーカルも好きになりました。もちろん、それ以上に、Janeの歌声が大好きなのは皆さんと同じです。それからJim Mccartyの作曲能力は尋常でないです。やはりこのグループのキーパーソンは、リーダーであるJim なのでしょう。

吉岡富万 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
男は黙って演奏していろと言いたくなるのは...

投稿日:2006/10/29 (日)

男は黙って演奏していろと言いたくなるのはペンタングル同様。歌ならジェインにまかせときなさいよ、まったく。...完璧な職人技のルネッサンスにたいしてイルージョンの売りは、Cの聴き手を身震いさせるようなパッション。ブリティッシュの秘宝的名曲Cの燦然と輝く美、これだよこれ!名曲になり損ねたキング・クリムズンの『アイランズ』が、あたかも理想的に事が運んだかのようなため息の出る仕上がり。

千夜二夜 さん | 紅海 | 不明

0
★
★
★
★
☆
優れた歌曲バンドながらプログマニアのあい...

投稿日:2006/01/30 (月)

優れた歌曲バンドながらプログマニアのあいだ以外では知名度がさほどではないのは、運が悪かったとしか言いようがない。再認識されるべき。

千夜二夜 さん | 紅海 | 不明

0

おすすめの商品