IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

Blu-ray Disc

IT/イット THE END “それ"が見えたら、終わり。【ブルーレイ】

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1000770958
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc

内容詳細

ホラー映画歴代興収No.1!スティーヴン・キングが贈る、最恐ホラー遂に完結!!

すべての謎が明らかになる―

ホラー映画史に残る、最恐ホラー遂に完結!

ルーザーズ・クラブがペニーワイズを撃退してから27年後、ついに“それ ”が帰ってきた。すでに大人となり、それぞれの道を歩んでいたルーザーズの面々だが、メイン州デリーで再び行方不明事件が発生すると、マイクは他のメンバーを故郷に呼び戻す。過去のトラウマを引きずりながらも、一人一人が心の奥底に抱いている恐怖を克服しなければならない。かつてないほど凶暴化した“それ ”、ペニーワイズを完全に葬り去るために。

<ブルーレイ仕様>
2019年アメリカ
メディア仕様/ディスク仕様:ブルーレイ(2D) 片面2層
音声:
1.オリジナル / ドルビーTrueHD / ドルビーアトモス / 英語
2.オリジナル / ドルビーデジタル / 5.1ch / 英語
3.吹替 / ドルビーデジタル / 5.1ch / 日本語
4.音声解説 / ドルビーデジタル / 2.0ch / 英語
映像仕様:High Definition 1080p Mpeg 4 AVC
シネマスコープサイズ/16×9LB
本編収録時間:169分

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督:アンディ・ムスキエティ
原作:スティーヴン・キング 
脚本:ゲイリー・ドーベルマン

<キャスト>
ビル・デンブロウ:ジェームズ・マカヴォイ
ベバリー・マーシュ:ジェシカ・チャステイン
リッチー・トージア:ビル・ヘイダー
マイク・ハンロン:イザイア・ムスタファ
ベン・ハンスコム:ジェイ・ライアン
エディ・カスプブラク:ジェームズ・ランソン
スタンリー・ユリス:アンディ・ビーン
ペニーワイズ:ビル・スカルスガルド

<ストーリー>
●「約束だ。“それ”がまた現れたら、必ず戻って来よう。」

小さな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件。「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という“それ”からの不穏なメッセージが届き、幼少時代に“それ”の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前に固く誓い合った〈約束〉を果たすため町に戻ることを決意する。だが“それ”は、より変幻自在に姿を変え、彼らを追い詰めていくのだった……。なぜ、その町では子供が消えるのか? なぜ、事件は27年周期で起きるのか? “それ”の正体と目的とは? 果たして、すべてを終わらせることができるのか!?

劇場公開:2019年11月1日(R15+)

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スティーヴン・キングの小説を映画化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』のシリーズ完結編。田舎町で再び連続児童失踪事件が発生。27年前に“それ”から生き延びた面々が再び町に戻るのだが……。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
御大キング様のキング節が炸裂する「いかに...

投稿日:2021/07/01 (木)

御大キング様のキング節が炸裂する「いかにもキング」な映画です。 ホラー味は薄く、実質はパニックサスペンス映画です。 ハリウッドパニック物に慣れてしまったせいか、あまりドキドキハラハラしませんが、十分に楽しめます。

三浦大根 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
前作からの27年の時を経てのリメイクという...

投稿日:2021/06/24 (木)

前作からの27年の時を経てのリメイクということで期待は高かったのですがストーリーの作り込みとしては今一歩なきがします。少年たちの心の中にある恐怖が作り出しているもの=ペニー・ワイズということがいまいち描ききれていないのではないでしょうか。 最後も割とあっけなかった印象があります。

aozo さん | 鳥取県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これはホラー映画と思って観てはいけない。...

投稿日:2021/06/22 (火)

これはホラー映画と思って観てはいけない。そうすれば、特にジャパニーズホラーに慣れた日本人は満足しないだろう。 これは子どものトラウマ・痛み、そしてノスタルジーといっものが主題の作品といっていいだろう。スティーブン・キング原作であり、ホラー要素が強めのスタンド・バイ・ミーだ。

カーク さん | 東京都 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド