CD 輸入盤

Rain Or Shine

Houston Person (ヒューストンパーソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD7309
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

大ベテラン・テナー、ヒューストン・パーソンの新作!!
R&Bや軽快なスウィング、バラードまで、充実の内容で
ジャズだけでなくオールディーズ・ファンにも堪らない選曲!


御年82歳の大ベテラン、ヒューストン・パーソンの最新作! 長年の友人であるウォーレン・ヴァッチェ(cor)やロドニー・ジョーンズ(g)などを迎え、R&Bや軽快なスウィング、バラードまで、曲によりカルテット、クインテット、セクステットに編成を変える、充実の全9曲!
 パーソンと言えば、60年代にPrestigeからR&Bテイストの作品で一世を風靡して以来、男気溢れるソウルフルなテナーが有名だが、90年代終わり、本High Note Recordsと契約してからは、メローなテイストが加わった。そして今作も例に漏れず、いい意味で枯れた貫録の音色で、粋なオールド・アメリカン・ミュージックを聴かせてくれる。
 1曲目“Come Rain or Come Shine”はジャズ・スタンダードだが、ここではパーソンらしくソウルフルにアレンジされている。渋いテナーに、ギターのオブリガートが小気味よい。ベナード・アイグナー作曲で多くのミュージシャンにカヴァーされる名曲“Everything Must Change”、エタ・ジョーンズのアルバム『My Buddy』でもサイドマンとして吹き込んだ“I Wonder Where Our Love Has Gone”、スタンリー・タレンタインのテイクで知られるバラード“Never Let Me Go”など、とにかく全編に渡りソウルフルかつブルージー!! オールディーズ・ファンにも堪らない内容だ。
 そしてラスト、“Danny Boy”のノスタルジックで語りかけるようなテナー・プレイへの流れは、泣けます。(輸入元情報)

メンバー:
Houston Person(ts)
Warren Vache(cor 1,2,4,6,8), Lafayette Harris(p)
Rodney Jones(g except 7), Matthew Parrish(b), Vincent Ector(ds)

収録曲   

  • 01. Come Rain or Come Shine (J. Mercer / H. Arlen)
  • 02. 132nd and Madison (O.A. Gumbs)
  • 03. Everything Must Change (B. Ighner)
  • 04. Learnin' the Blues (D.V. Silvers)
  • 05. I Wonder Where Our Love Has Gone (B. Johnson)
  • 06. Soupbone (R. Jones)
  • 07. Never Let Me Go (J.W. Scott)
  • 08. Our Day Will Come (M. Garson / B. Hilliard)
  • 09. Danny Boy (Public Domain)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Houston Personに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品