CD

Celebrity Skin

Hole (ホール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MVCF24035
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

コートニー・ラヴの女優業がしばらく忙しかったのか、4年ぶりとなる新作。イロイロ言われがちな人だが、シンガーとしての存在感は圧巻。今作でもアネゴっぷりが発揮されてます。サウンドはノイジーになりすぎず、適度にワイルド。かなりカッコ良く仕上がってます。女性ロックバンドとして、非常にいい感じです。

内容詳細

シンガーの夫だった故カート・コバーン(ニルヴァーナ)が頭をよぎる歌だ。ポピュラリティ十分の音ながら傷と艶の結晶化の空気がすばらしい。ビリー・コーガン(スマッシング・パンプキンズ)が5つ曲作りへ関与したが、それよか日本盤のみの(13)が秀作。(行)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
31
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
☆
波瀾万丈の道のりを歩んで来た彼女が辿り着...

投稿日:2010/02/02 (火)

波瀾万丈の道のりを歩んで来た彼女が辿り着いたこの音。希望に溢れ、生きていく喜びに満ちたアルバム。@ACIが特に好き。

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
'98年発表。断崖絶壁で体張って生きるすさま...

投稿日:2009/05/01 (金)

'98年発表。断崖絶壁で体張って生きるすさまじい気迫を見せつけて圧倒的だった前作「リヴ・スルー・ジス」。発表時期にコートニーの夫、カート・コバーンの死が重なり、作品にいっそうの衝撃とドラマ性を加えたのも事実だ。あれから4年。コートニーは女優になり、モデルになり、サテンのロングドレスが似合う業界の名士となって一時は音楽への意欲をすっかり失ったとさえ噂されていた。真偽のほどは定かではないが、そんな彼女にハッパをかけたのが昔の恋人であるスマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンだったらしい。現に5曲を共作している。 ぐっと美貌に磨きがかかった(整形したって説もあるが)彼女だが、野太い声のぶっきらぼうな歌い方は相変わらず。L7とか女ハード・ロック・バンドになりかねない歌を、驚くほどキャッチーなメロディと誰にでもアピールしそうなポップ性が、世界でもっとも有名な女性にふさわしい、輝かしく華やかなものに変えている。前作の生命の叫びの切実さには及びもつかないが、これもまた当時の彼女の現実なのだから仕方ない。ホールがこんなに聴いて楽しい、音楽的にすぐれた作品を作るまでに成長するとは思いもしなかった。 で、はたしてコートニーはハイソな女になったのか。否。倣慢で猛々しい本性を取り繕うことなくムキ出しにして、とことん本音をぶちまけている。聴き手の首を両手で締め上げで耳を傾けさせるような、その声、その言葉。それはなお波乱の人生を生きる荒々しい思いを語ってドラマチックに響く。これがメーク・ドラマの才能ゆえだとしても、彼女は主演スターを見事に演じきっている。

O.K. さん | 不明

0
★
★
★
★
★
失恋する度に引っ張り出して聴いてもう何回...

投稿日:2007/01/03 (水)

失恋する度に引っ張り出して聴いてもう何回聴いたか分からん(笑)いつもこの人に救われた気がしてた。「悲劇のヒロインなんてサイテー、自分の考える道を進む以外方法を知らない」音に透けて見える悲しさが切なくても頑張ろうと言ってる様に思えるんだよ。

1

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品