SHM-CD

Memphis Underground

Herbie Mann (ハービー・マン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR29031
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

60年代後期を象徴するジャズ・ロック大名盤。コリエル、シャーロックといった新世代ギタリストの活躍も光る。

ハービー・マン (fl,arr) ロイ・エアーズ (vib,cga-1) ボビー・イーモンズ (org) Bobby Wood (p,el-p) ラリー・コリエル(2抜ける)ソニー・シャーロック、レジー・ヤング (g) マイク・リーチ (el-b 3抜ける)
トミー・コグビル (el-b 3)。ミロスラフ・ヴィトウス (b 3)ジーン・クリスマン (ds)

録音:1968年8月20〜23日ニューヨーク

完全初回生産限定盤/SHM-CD/解説付/録音年:1968年8月20〜23日/収録場所:ニューヨーク

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ハービー・マンのキャリアにおいて重要な位置を占める1968年のアトランティック盤。ラリー・コリエルらジャズ・ロック系のプレイヤーも迎え、メンフィス・サウンドとジャズの間を行き来する稀有なアルバム。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ハービー・マン(Herbie Mann 1930年4月16...

投稿日:2012/10/26 (金)

ハービー・マン(Herbie Mann 1930年4月16日〜2003年7月1日)はアメリカ合衆国ニューヨーク・ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。アルバムは1968年の録音で心地よいジャズロックにどっぷり浸れる。共演者はヴァイブがロイ・エアーズ、ギターがラリー・コリエルとソニー・シャーロック。演目は冒頭の「Memphis Underground」はハービー・マンの曲、それ以外はブルース、ソウル、そして「タロさんの赤ちゃんが風邪引いた」のリパブリック賛歌と多彩。百戦錬磨のフルートはモダンかつダイナミックで楽しむための音楽がまさにここにある。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
このアルバムの特徴は、彼とメンフィスの当...

投稿日:2005/12/14 (水)

このアルバムの特徴は、彼とメンフィスの当時大活躍していたチップス・モーマン率いるアメリカンサウンドスタジオのミュージシャンの面々とのコラボレーション。因みにそのメンバーは・・・ドラムス;ジーン・クリスマン、キーボード;ボビー・ウッド&ボビー・エモンズ、ギター;レジー・ヤング&ジョニー・クリストファー、ベース;トミー・コグビルetc.・・・これに売り出し中のラリー・コリエルが絡んでくる。従ってJazz musicと Soul music を Cross over させた トム・ダウドのgood ideaである。今聞いても 新鮮である。  

solitaryman さん | 横浜市 | 不明

2
★
★
★
★
☆
踊るフルート、やわらかいメロディー、ああ...

投稿日:2003/12/19 (金)

踊るフルート、やわらかいメロディー、ああ、いざなっておくれ、かの楽園へ!

ごますり祭り さん | 長野 | 不明

0

Herbie Mannに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品