Herbie Mann

Herbie Mann (ハービー・マン) プロフィール

Herbie Mann | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ハービー・マン(Herbie Mann、本名:Herbert Jay Solomon 1930年4月16日 - 2003年7月1日)は、アメリカのジャズ・フルート奏者。

初期には、テナー・サクソフォンおよびクラリネット(バスクラリネットを含む)も演奏したが、ジャズの境界を破るフルート・テクニシャン、あるいは「ワールドミュージック」のパイオニアとして、1960年代以降のフルートを用いる最も秀でたジャズ・ミュージシャンと目される。また、プロデューサーとしても積極的で、多くの新人音楽家を発掘した。

来歴・音楽活動

ハービー・マンは、ニューヨーク・ブルックリン区でルーマニアとロシアの家系をもつユダヤ人の両親の間に生まれ、ブライトン・ビーチのリンカーン・ハイスクールに通った。キャッツキルズ・リゾートで初めてプロとして舞台に立ったのは15歳のときである。

1950年代、フィル・ウッズらのミュージシャンたちとのコンボに参加してバス・クラリネット、テナー・サックスおよびソロ・フルートを担当したが、20歳を過ぎる頃からはバップ・フルートの第一人者たるべく、この楽器一本に絞る。

彼はフュージョンあるいはワールドミュージックの初期の開拓者とされる。’59年には政府支援のアフリカ旅行に同行してアフロ・キューバン・ジャズのアルバム『フルーティスタ Flutista』を録音、’61年にはブラジルに旅しアントニオ・カルロス・ジョビンやギタリストのバーデン・パウエルら現地ミュージシャンを引き連れてレコーディングをするため帰国した。これらのアルバムは欧米において「ボサ・ノヴァ」を大いに流行らせ、彼はしばしばブラジルを題材とする仕事をした。

1962年の『カミン・ホーム・ベイビー Comin’ Home Baby』のブレークにて大いに名を上げ、1960年代の半ばには彼のバンドにまだ若かったチック・コリアを加えて、ニューポート・ジャズ・フェスティバルへの登場は、’65年のチック・…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%