SACD 輸入盤

Thrust

Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
223
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

前年のヘッドハンターズ『Headhunters』で完全にエレクトリック・ファンク路線に舵を切ったハービー・ハンコックの1974年のアルバム『突撃』がAudio Fidelity社より4.0chハイブリッド・マルチチャンネルSACDで登場。

ハンコックのフェンダーローズがメロウな滴を垂らし、ポール・ジャクソンと新加入のマイク・クラークによるボトムが柔らかくもときに語気を強めて地びたを震わせる。ヘッドハンターズ路線を踏襲しながらも、さらに進化するハンコックの電化シーズンを代表する一枚。ゴリゴリのジャズファンク「Palm Grease」から、笠井紀美子ヴァージョンでもおなじみの「Butterfly」、ジャズファンク古典としても高名、かつ現在においてもデトロイト・テクノ文脈のコズミック・クロスオーヴァーのエチュードとして人気の「Spank-A-Lee」まで傑曲揃い。

Herbie Hancock (Fender Rhodes el-p, Hohner D-6 Clavinet, ARP Odyssey, ARP Soloist, ARP 2600, ARP String Ensemble)
]Bennie Maupin (ts,ss,saxello,bass clarinet, alto flute)
Paul Jackson (el-b)
Mike Clark (ds)
Bill Summers (per)

収録曲   

  • 01. Palm Grease
  • 02. Actual Proof
  • 03. Butterfly
  • 04. Spank-A-Lee

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フェンダーローズとエレクトリックベースがとてもよく絡み...

投稿日:2008/06/27 (金)

フェンダーローズとエレクトリックベースがとてもよく絡みあっておいしく仕上がってます。個人的には名盤ヘッドハンターズやフューチャーショックよりよくスパイスがきいてるかと

たぬき さん | 三重県 | 不明

2
★
★
★
★
★
これぞFUNKの真骨頂って感じです。汗かき度...

投稿日:2001/09/03 (月)

これぞFUNKの真骨頂って感じです。汗かき度100%! さぁ,今すぐ「カートに入れる」をクリックしましょう!

cozy さん | 宮城県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Herbie Hancock

 1940年シカゴに生まれたハービー・ハンコック。1963年マイルス・デイヴィス・クインテットに加入しその後はメインストリームの中で最も先行した動きの中で活動してきた。 60年代後期から電気楽器、エクイップメントに通じ、アルバム『ヘッドハンターズ』で個性を確立、さらに『フィーチャー・ショック』は音楽的にも、そして、PV(プロモーション・ヴィデオ)という存在を世間に知らしめたという意味でも記

プロフィール詳細へ

Herbie Hancockに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品