CD 輸入盤

Speak Like A Child

Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
46136
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
オリジナル盤発売年
:
1968
フォーマット
:
CD

商品説明

ブルーノート新主流派として新しい時代の感性を感じさせる演奏で、次第に時代のい兆児となっていくハーバー・ハンコックが1968年に録音し電気時代突入直前のアルバム。サッド・ジョーンズ(tp)の参加が意外だが、アンサンブルを重要視するミュージック・クリエイターとしてのハンコックの資質が現れた力作。ジャケット・デザインは秀逸。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初めて聴いたときには、捉えどころが無くて...

投稿日:2011/06/29 (水)

初めて聴いたときには、捉えどころが無くて小難しい印象だったが、 個々のプレイに注目するのではなく、 ピアノトリオを軸に全体の雰囲気を楽しむ聴き方で聴くと、 独特のムードを楽しむことができた。 一応3管編成ではあるが、管は添え物的な役割になっている。

もんきい さん | 秋田県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ソフィストケースされたサウンド、モダンな...

投稿日:2009/10/18 (日)

ソフィストケースされたサウンド、モダンなピアノタッチ、フレーズ。その当時のJazz界の新人類。マイルスのバンドで彼は何を得たのだろうか。マイルスは電化サウンドに舵を切ったのに、アコースティクでの取り組み。抑制されたサウンド、ピアノがあくまで主役。このアルバムでハンコックは自分のピアニストとしての立位置を確認したかったのではないだろうか。果たしてこのアルバムはハンコックにとってターニングポイントになったのだろうか。あくまでも自然な流れでサウンドを組み立てる才能は光っている。革新的かと言うとそうではない。悪く言えば器用貧乏。

ngttshr さん | 熊本県 | 不明

0
★
★
★
★
★
実はスタカンの曲とジャケットだけで聞いた...

投稿日:2009/07/20 (月)

実はスタカンの曲とジャケットだけで聞いたのですが、想像を超える美しい演奏の数々に出会えて良かったと思いました。

どらん さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Herbie Hancock

 1940年シカゴに生まれたハービー・ハンコック。1963年マイルス・デイヴィス・クインテットに加入しその後はメインストリームの中で最も先行した動きの中で活動してきた。 60年代後期から電気楽器、エクイップメントに通じ、アルバム『ヘッドハンターズ』で個性を確立、さらに『フィーチャー・ショック』は音楽的にも、そして、PV(プロモーション・ヴィデオ)という存在を世間に知らしめたという意味でも記

プロフィール詳細へ

Herbie Hancockに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品