SHM-CD

Speak Like A Child +3

Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCQ9219
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

【SHM-CD】【限定盤】
●才人ハービーのリリシズムが最大限に発揮されたロマンティックな名作。色彩感に富んだホーン・アンサンブルを得て、インスピレーションの赴くままにピアノが跳ね回る。
<パーソネル> ハービー・ハンコック(p) サド・ジョーンズ(flh) ピーター・フィリップス(b-tb) ジェリー・ドジオン(a-fl) ロン・カーター(b) ミッキー・ローカー(ds) ★1968年3月6日、9日録音


■ブルーノート -最後のRVGコレクション-
ブルーノートをはじめ、プレスティッジ、インパルスなどで数多くの名盤の録音を手掛けた、ジャズ史上最も偉大なエンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダー(RVG)。今年8月25日に逝去した彼の功績を偲び、RVGがデジタル・リマスターを手掛けたブルーノートの名盤シリーズ100タイトルを初のSHM-CD仕様でリイシュー。
<ルディ・ヴァン・ゲルダー>
ブルーノート=「ジャズの音」を創りあげた伝説の名エンジニア。1998年より、自ら録音したブルーノート作品のデジタル・リマスター化をスタート。CD時代に斬新なブルーノート・サウンドを甦らせた。2012年第54回グラミー賞にて協会賞を受賞。
●全100タイトル
●発売日:2016年12月14日
●ALL\1,500+税
●SHM-CD
●生産限定盤(生産枚数終了、または2017年3月末までの限定出荷商品です)
●再販商品

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

『処女航海』と並んでハービーのブルーノート名盤とされる1968年の作品。ジャケットが示すとおりのロマンティシズムあふれる内容ながら、ミッキー・ローカーやロン・カーターらによる鉄壁のリズム隊も魅力のひとつだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ライオット
  • 02. スピーク・ライク・ア・チャイルド
  • 03. ファースト・トリップ
  • 04. トイズ
  • 05. グッドバイ・トゥ・チャイルドフッド
  • 06. ザ・ソーサラー
  • 07. ライオット(別テイク1)*
  • 08. ライオット(別テイク2)*
  • 09. グッドバイ・トゥ・チャイルドフッド(別テイク)*(*ボーナス・トラック)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Herbie Hancock

 1940年シカゴに生まれたハービー・ハンコック。1963年マイルス・デイヴィス・クインテットに加入しその後はメインストリームの中で最も先行した動きの中で活動してきた。 60年代後期から電気楽器、エクイップメントに通じ、アルバム『ヘッドハンターズ』で個性を確立、さらに『フィーチャー・ショック』は音楽的にも、そして、PV(プロモーション・ヴィデオ)という存在を世間に知らしめたという意味でも記

プロフィール詳細へ

Herbie Hancockに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品