LPレコード 輸入盤

Man-Child (180グラム重量盤レコード/Speakers Corner)

Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
33812
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
演奏、作曲でも参加しているワー・ワー・ワ...

投稿日:2003/09/21 (日)

演奏、作曲でも参加しているワー・ワー・ワトソン(g)のホーム・ページで1曲目の別バージョンが聴けます。興味ある方はどうぞ聴いてみては。

西瓜男 さん | 東京都新宿区 | 不明

0
★
★
★
★
★
1曲目が始まるやいなや、ノックアウト間違...

投稿日:2003/07/09 (水)

1曲目が始まるやいなや、ノックアウト間違いなしさっ!!!こりゃーやべーよ、本物だよ。

ぴちぴち さん | japan | 不明

0
★
★
★
★
★
1975年の作品とは思えないほど、現在でも斬...

投稿日:2003/07/06 (日)

1975年の作品とは思えないほど、現在でも斬新さを感じさせてくれる。豪華な参加メンバーの個性を上手に生かしているところにハービー・ハンコックの力量が感じられる。出だしの一曲目も良いが、ルイス・ジョンソンのスラップ奏法が冴える3曲目と、5曲目に入っているスティービー・ワンダーのハーモニカ・ソロが「聴きどころ」だろう。

鯛志多倖(たいし たこう) さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Herbie Hancock

 1940年シカゴに生まれたハービー・ハンコック。1963年マイルス・デイヴィス・クインテットに加入しその後はメインストリームの中で最も先行した動きの中で活動してきた。 60年代後期から電気楽器、エクイップメントに通じ、アルバム『ヘッドハンターズ』で個性を確立、さらに『フィーチャー・ショック』は音楽的にも、そして、PV(プロモーション・ヴィデオ)という存在を世間に知らしめたという意味でも記

プロフィール詳細へ

Herbie Hancockに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品