「古楽とは何か; 言語としての音楽」 樋口 隆一、許 光俊 (翻訳)

Harnoncourt

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784276203709
ISBN 10 : 4276203708
フォーマット
出版社
発行年月
1997年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,326p
328p 四六版

内容詳細

目次 : ◆第1章 音楽と解釈への基本的考察 / 1.音楽と人生 / 2.歴史的な音楽の解釈のために / 3.音楽の理解と音楽教育 / 4.記譜法の諸問題 / 5.アーティキュレーション / 6.テンポ / 7.音組織と音程法 / 8.音楽と響き / 9.古楽器は是か否か / 10.スタジオにおけるオリジナルな音響状況の復元 / 11.解釈の優先度〜さまざまな観点の序列について / ◆第2章 楽器と言葉 / 1.ヴィオラ・ダ・ブラッツォとヴィオラ・ダ・ガンバ〜弦楽器の歴史についてのささやかな考察 / 2.ヴァイオリン〜バロック的独奏楽器 / 3.バロック・オーケストラ / 4.バロックの純粋な器楽における言葉と音の関係 / 5.バロックから古典派へ / 6.音による言語の成立と発展 / ◆第3章 ヨーロッパのバロック音楽とモーツァルト / 1.表題音楽〜ヴィヴァルディの作品8 / 2.イタリア様式とフランス様式 / 3.オーストリア・バロックの作曲家たち〜宥和の試み / 4.テレマン〜趣味の混交 / 5.イギリスにおけるバロックの器楽 / 6.合奏協奏曲とトリオ・ソナタ〜ヘンデルの場合 / 7.自筆譜がもの語ること / 8.バッハの組曲における種々の舞曲 / 9.エキサイティングなまでに新鮮なフランスのバロック音楽 / 10.リュリとラモーのフランスのバロkック・オペラ / 11.モールァルトの手紙についての一考察 / ◆著者あとがき / ◆訳者あとがき

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どら猫さとっち さん

    3月に逝去した名指揮者が、古楽に関する事柄を書いた、哲学的音楽指南書。演奏法から、作曲家、国によって違う旋律とリズムなど、事細かに分析している。本書からは、彼自身の音楽的哲学や信念が垣間見られる。彼の指揮には、聴き慣れた曲が新鮮に聞こえることがあるが、本書を読んで納得。改めて冥福を祈るとともに、彼の業績を称えたい。

  • 燕 さん

    まだアーノンクールが奇才だった頃の著作。古い文章は50年代に書かれたそうなので、古楽を取り巻く状況は今とはだいぶ違うだろう。昔はモダン楽器で弾かれた曲も、今はピリオド楽器で優れた録音が普通に選べるようになった。とはいえ内容はけして古くない。バロック音楽とは何か、各国での音楽形式の違いや争い、楽器のことや演奏形式、場の響きを計算した配置など、優れた学者でもある著者ならでは非常に興味深い内容だった。いろんな意味で、いかに私たちは19世紀以降頭が固くなってしまったか。バロックってすごく柔軟で革新的で面白い。

  • Takuji さん

    名著!!

  • Mototch64 さん

    「古楽演奏」というクラシック音楽に革新的な方法論を導入した立役者のエッセイ集。一番古く書かれたもので1954年、新しいものでも1980年のものであるが、今でも参照されるべき意見を含んでいる。

  • かーむ さん

    図書館。とりあえず読んでみたけど、今求めていたものではなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品