Hank Mobley
新商品あり

Hank Mobley (ハンク・モブレー) レビュー一覧

Hank Mobley | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

51件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 出だしの「ワーク アウト」からアクセル全開で、最高...

    投稿日:2016/05/07

    出だしの「ワーク アウト」からアクセル全開で、最高ですネ(^^♪ 全曲いいんですが、ウイントン ケリー(ピアノ)との相性は抜群ですね。 グリーンのギターとの掛け合いも見事で、気分を爽快にさせてくれるアルバムです。

    のぶちゃん さん |50代

    0
  •  その昔、中央線沿線で通勤していた者です。このアル...

    投稿日:2015/03/04

     その昔、中央線沿線で通勤していた者です。このアルバムは中野にあった「ビアズレー」というジャズ喫茶店のJBLパラゴンの前で聞かされ、あまりの爽快さにすぐレコード(当時)を買ってその後長く聞くことになりました。もうレコードプレーヤーが現役引退なのでCDで。タイトル曲の他は少々印象が弱いですが、かかった瞬間ガツーンと当時、若かった名プレイヤーの生きの良い演奏が楽しめます。  余談ですが、あの頃中央線沿線の中野と吉祥寺にはたくさんのジャズ喫茶があって、私は吉祥寺の「A&F」が週一の行きつけで、ほぼ2年間、スイングジャーナル誌の評で気になったレコードを店でリクエストして好みの曲を買ったものでした。

    yamaneko さん |60代

    0
  • 「Gettin’ and jettin’」  アッ...

    投稿日:2014/08/17

    「Gettin’ and jettin’」  アップテンポ曲 「Hank’s other soul」  スローテンポ曲  LPでは6曲収録です。  ジャズ・ファンにすすめるアルバムですが、悪くも無いと思います。気が向いた時に聞いて何回も聞いたら、若しくは夜中に聞いたら、じわっと来るんじゃないでしょうか?派手さはありません。

    ようたん さん |40代

    0
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/27

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州イーストマン生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。アルバムは1968年ブルーノートの録音で共演者はトランペットとフリューゲルがウディ・ショウ、ギターがジョージ・べンソン、ピアノがラモント・ジョンソン、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがビリー・ヒギンズ。レギュラーメンバーのボブ・クランショウとビリー・ヒギンズ以外が意表を突くメンバーで興味がそそられる。タイトルの「Reach Out I’ll Be There」はソウルのフォー・トップスの1966年のヒット曲をカヴァーで良くも悪くもモブレーはここまできた。

    青木高見 さん |50代

    0
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/24

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州イーストマン生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。アルバムは1963年ブルーノートの録音でジャズの新しい潮流がモブレーを襲う。共演者は通しがドラムのフィーリー・ジョー・ジョーンズ。一つはピアノがハービー・ハンコック、トランペットがドナルド・バード、ベースがブッチ・ウォーレン。もう一つはピアノがアンドリュー・ヒル、トランペットがリー・モーガン、ベースがジョン・オレ。演奏はジャケット同様いつもよりツッパったモブレーが聴ける。

    青木高見 さん |50代

    0
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/23

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州イーストマン生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。アルバムは1965年ブルーノートのリリースでピアノのマッコイ・タイナーの参加で異色の演奏が繰り広げられる。その他の共演者はトランペットがリー・モーガン、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがビリー・ヒギンス。特にリー・モーガンは同年「The Rumproller」を、名盤「Sidewinder」は二年前にリリースしており輝いている。カーティス・フラーも目立たないが、ちゃんと仕事をしているのが何とも凄い。

    青木高見 さん |50代

    1
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/23

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。アルバムは1965年の録音で「Recado Bossa Nova」の一発ヒットで知名度アップ!?共演者はピアノがハロルド・メイバーン、トランペットがリー・モーガン、ベースがラリー・バンカー、ドラムがビリー・ヒギンズ。ハンク・モブレーは知らなくても「Recado Bossa Nova」は流行った、一人歩きした。

    青木高見 さん |50代

    0
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/21

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州イーストマン生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。アルバムは1961年の録音でご機嫌なハードバップの神髄を堪能。共演者はピアノがウイントン・ケリー、ギターがグラント・グリーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。ブルーノートの数多いアルバムの中でも人気がある一枚。ハンク・モブレーの絶頂期のサックスと新星グラント・グリーンの絶妙な絡み合いが功を奏す。

    青木高見 さん |50代

    1
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/21

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州イーストマン生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。アルバムは1960年ブルーノートの録音で「Soul Station」と「Workout」の間にあたる作品。共演者はピアノがウイントン・ケリー、トランペットがフレディ―・ハバード、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・ブレイキー。「Soul Station」のメンバーに絶好調のフレディ―・ハバードが加わったクインテットである。メンバー全員の技量と全体の絶妙な調和によりハイグレードになったことが人気の理由なのかもしれない。

    青木高見 さん |50代

    0
  • ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年...

    投稿日:2012/12/17

    ハンク・モブレー(Hank Mobley 1930年7月7日〜1986年5月30日)はアメリカ合衆国ジョージア州イーストマン生まれのジャズ・テナーサックス奏者、作曲家。ビル・ハードマン(William Franklin Hardman, Jr. 1933年4月6日〜1990年12月5日)はアメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド生まれのジャズ・トランペット奏者。1957年ブルーノートの録音でタイトルは「ハンク・モブレー」。共演者はトランペットがビル・ハードマン、アルト・テナーサックスがカーティス、ポーター、ピアノがソニー・クラーク、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・テイラー。モブレーかライオンかはわからないがアルバム名にクァルテットだのクインテットだの固有名詞が付かないアルバムが多い。ブルーノートNO.1568、垂涎の「イチゴーロクハチ」がこれだ。

    青木高見 さん |50代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%