空のとびら

Habu

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569771250
ISBN 10 : 4569771254
フォーマット
出版社
発行年月
2009年08月
日本
追加情報
:
19cm,147p

商品説明

32歳。安定したサラリーマン生活を捨てて、僕は写真家になった。「空の写真家」HABUが初めて語りおろしたエッセイ集。

内容詳細

「空の写真家」HABU、初のフォトエッセイ。

【著者紹介】
Habu : 1955年東京都中野区生まれ。慶応義塾大学商学部卒。10年間のサラリーマン生活を経て写真家に転身。以来、「空の風景」をテーマに世界各地を撮影、数多くの作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 瑪瑙(サードニックス) さん

    表紙の写真に魅かれて手に取りました。良かったです。都会の中で毎日仕事や家事などの生活に追われ、これでもかという情報の渦に巻き込まれ、立ち止まって静かに自分を見つめる時間のなんと少ない事か…。就寝前の静かな読書の時間が私にとっての救いです。そして最近悲しい事もあったので、この本の写真と文章に癒され気づかされました。ありがとう。

  • Yuichi Kanazawa さん

    大好きな方の 人生を垣間見ることは 自分の人生のプラスにもなる!!

  • juki さん

    何回も読み直している本。この本を読んだからこそオーストラリアに行きたいとずっと思ってた。 本来の自然の自分のペース。今の社会は忙しなさすぎて感じることが難しいけれど、この旅を通じて感じられたらと思う。 考えるんじゃない、感じるんだ。何とかなる。心のスイッチ一つで世界はまるで違うものになる。自分が本当にいいと思うのはなんだろう?比べるな。比べるこら心が今にないんだ、今を楽しめないんだ。この先も死ぬまで長い付き合いの自分、そのものさしを優先したほうがいい。世界を広げよう。旅で得た経験と想いは財産になる。

  • TRBRCHDM さん

    趣味で3D風景画を作っているのだが、そのような風景の参考書として、図書館で借りてきた。オーストラリアの荘厳な空、平原、海洋。俺もいつかは、こういった風景を作れるようになりたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Habu

羽部恒雄(はぶ つねお)。1955年東京都中野区生まれ。1978年慶応義塾大学商学部卒。10年間のサラリーマン生活の後写真家に転身。以来「空の風景」をテーマに世界各地を撮影。写真集、写真詩集、他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品