CD 輸入盤

Aoxomoxoa (50th Anniversary Deluxe Edition)(2CD)

Grateful Dead (グレイトフル・デッド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0349.785612
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
デラックスエディション,輸入盤

商品説明

グレイトフル・デッドのアニヴァーサリー・シリーズにまた新たな作品が加わった――。オリジナル・アルバムの発売50周年企画の第3弾となるのは、ロック史における最重要年、1969年にリリースされた『AOXOMOXOA』!最新リマスターのオリジナル・アルバムと未発表ライヴ音源を収録した2枚組デラックス・エディションで登場!!!

■ アメリカの音楽とカルチャーに大きな影響を与え続けてきた、自由と愛と平和に溢れたメッセージを送り続けたバンド、グレイトフル・デッド。2015年にグループ結成50周年を祝った彼らだが、50周年アニヴァーサリーはまだまだ終わらない!2017年から、最新リマスターのアニヴァーサリー・エディションと限定盤ピクチャー・ディスクをリリースし続けている彼らだが、今年2019年、そのアニヴァーサリー・シリーズに加わるのは、サード・アルバムとなる『AOXOMOXOA』だ。

■ ロック史における最重要年の一つ、1969年にリリースされた『AOXOMOXOA』。初のセルフ・プロデュースと、当時劇的に革新を遂げつつあった録音技術(16チャンネル)が彼らに芸術性、実験性の追及を可能にさせ、独自の音楽性を開花させたサード・アルバムである。今回リリースされる“50TH ANNIVERSARY DELUXE EDITION”は、これまでのシリーズ同様、最新リマスターされたオリジナル・アルバムと、未発表ライヴ音源を収録したCD2枚組となる。CD1には、オリジナルの1969年ヴァージョンのアルバム音源と、1971年のバンド・プロデュースによる決定版ミックスの、2つの異なるアルバム・ヴァージョンが収録される。

■ ボーナス・ディスクにあたるCD2には、1969年1月24日から26日にかけ、カリフォルニア州サン・フランシスコのアヴァロン・ボールルームで行われた未発表ライヴ音源を収録。本作に収録されるにあたり、Jeffery Normanがリマスターしたこちらの音源は、初めて16チャンネルで録音されたライヴ・コンサートの一つとしても知られている。『AOXOMOXOA』のリリース数ヶ月前に行われたこのライヴでは、「Dupree's Diamond Blues」や「Doin' That Rag」の初期ヴァージョンが披露されている。また1968年頃からライヴで演奏されながらも、結局スタジオ・ヴァージョンがどのアルバムにも収録されなかった楽曲「Clementine」の最後のライヴ・パフォーマンスも収められている。そしてライヴのハイライトとも呼べるのが、最高潮のピッグペンを捉えた「Alligato>Caution」でのジャムだろう。

■ グレイトフル・デッドのアーカイヴィストでもある、プロデューサーのDave Lemieuxは、本作についてこう解説する:「1969年のサード・アルバムを作るにあたって、グレイトフル・デッドは外部プロデューサーの起用を敢えて避け、『AOXOMOXOA』を自分たちの手で作り上げるが、それ以降もセルフ・プロデュース作品は1977年まで続くのだった。8トラックで録音された最初のセッションをボツにして、グレイトフル・デッドは、16トラックを手にし、自身のサイケデリック・サウンドを探求していったのであった。またこのとき初めて、収録曲全部の歌詞をロバート・ハンターが手がけている」

■ 初期の代表曲であり、またライヴでの人気曲でもある「St Stephen」や「China Cat Sunflower」を収録している、『AOXOMOXOA』。回文となっているタイトルや、Rick Griffinによるアートワークも印象的な本作は、半世紀以上に亘るグレイトフル・デッドの歴史の一頁を知る貴重な初期の名盤なのだ。


(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. St. Stephen 《Original 1969 Mix》
  • 02. Dupree's Diamond Blues 《Original 1969 Mix》
  • 03. Rosemary 《Original 1969 Mix》
  • 04. Doin' That Rag 《Original 1969 Mix》
  • 05. Mountains On The Moon 《Original 1969 Mix》
  • 06. China Cat Sunflower 《Original 1969 Mix》
  • 07. What's Become Of The Baby 《Original 1969 Mix》
  • 08. Cosmic Charlie 《Original 1969 Mix》
  • 09. St. Stephen 《1971 Remix》
  • 10. Dupree's Diamond Blues 《1971 Remix》
  • 11. Rosemary 《1971 Remix》
  • 12. Doin' That Rag 《1971 Remix》
  • 13. Mountains On The Moon 《1971 Remix》
  • 14. China Cat Sunflower 《1971 Remix》
  • 15. What's Become Of The Baby 《1971 Remix》
  • 16. Cosmic Charlie 《1971 Remix》

ディスク   2

Avalon Ballroom, San Francisco (1/24-26/69)

  • 01. New Potato Caboose (1/24/69)
  • 02. Dupree's Diamond Blues (1/25/69)
  • 03. Doin' That Rag (1/25/69)
  • 04. Alligator > (1/25/69)
  • 05. Caution (Do Not Stop On Tracks)> (1/25/69)
  • 06. Feedback> (1/25/69)
  • 07. And We Bid You Goodnight (1/25/69)
  • 08. Clementine> (1/26/69)
  • 09. Death Don't Have No Mercy (1/26/69)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
”THE HIPPIE ICON” 右極化した新たな理想...

投稿日:2009/04/07 (火)

”THE HIPPIE ICON” 右極化した新たな理想社会の夜明け。BRITISH PSYCHE < DEAD HEADS < J.MORRISON < C.MANSON <そしてユダヤ人至上主義への移行。これ等のリヴェラリズムによる自由(FREEDUMB)と云う名の自立促進運動は神(GOD)の存在しない共産主義と云う強権階層社会の限界を露呈させ、ソ連の崩壊と現在の中東最終戦争後の新秩序(communisum)生む引き金となった。

H.W.I. さん | 北関東 | 不明

2
★
★
★
★
★
さてエンジェルズ云々は知られてる事。ワーキング・の...

投稿日:2006/09/25 (月)

さてエンジェルズ云々は知られてる事。ワーキング・のニュースピードウェイブギに反省いや言い訳が綴られている。トータルで聴けば不満はねえべ、本当にハーレー乗り?

21ヒッピーズ さん | 福島県 | 不明

2
★
★
☆
☆
☆
恐ろしげなジャケットのわりにはビートルな...

投稿日:2006/08/23 (水)

恐ろしげなジャケットのわりにはビートルなハーモニー・ポップスも流れたりして可愛いもんだ、イージー・ゴーインなドラッグ昇天。反面DEADは怖い物知らずのHEALTH ANGELSともマブダチでかのオルタモント・コンサートの警備を彼らに斡旋した張本人と聞く、結局そういう清濁併せ呑むアメリカ〜ンなサウンド&ライフスタイルが好きなひとには好きかと。

革ジャケット&ハーレー さん | 星条旗 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Grateful Dead

ジェファーソン・エアプレインと共にヒッピー・カルチャーの象徴となったグレイトフル・デッド。とはいえジェファーソン・エアプレイン商業的な成功を収めていったのと対照的に、デッドはあくまでアンダーグラウンドな素地を通し時間をかけてリスナーの心に深く入り込んでいくような存在といえた。

プロフィール詳細へ

Grateful Deadに関連するトピックス

おすすめの商品