CD 輸入盤

Grant Stand

Grant Green (グラント・グリーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
A746430
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
オリジナル盤発売年
:
1961
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Green's Greenery - (bonus track) (09:03)
  • 02. My Funny Valentine (09:06)
  • 03. Blues In Maud's Flat
  • 04. Grant's Stand (04:11)
  • 05. Old Folks (05:10)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ソウルフルなグリーンのギターが、いつもの...

投稿日:2009/05/29 (金)

ソウルフルなグリーンのギターが、いつものシングル・トーンを展開する名盤。名バラード「オールド・フォークス」では、グリーンの哀愁を帯びたギターの音色が、切なくメロディを奏でる。スタンダード「マイ・ファニー・バレンタイン」では、ラティーフのフルートが彩りを添えるが、ユセフ・ラティーフのブルーノート盤参加というのも、希少か。  

セバスちゃん さん | 香川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
適度なブルースっぽさ、適度なハードさ。飽...

投稿日:2008/03/28 (金)

適度なブルースっぽさ、適度なハードさ。飽きない名作。オルガンジャズはやたらとブルースばかりやったり、ゴスペル調だったりするが、次元の違いを見せつける。

モーリス さん | 滋賀 | 不明

0
★
★
★
★
★
やっと出たリマスター盤! LPも最初のC...

投稿日:2003/08/11 (月)

やっと出たリマスター盤! LPも最初のCDも持ってるけど、また買いたい傑作盤。天下のジャック・マクダフをサイドメンに迎え、ブルースの神髄を聴かせてくれる漆黒の内容。“ジャズは黒人音楽だ!”との本筋をわきまえている人なら、絶対持っていなくてはならない、必携の名盤デス!!

エディー“六条”デイヴィス さん | 東京 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Grant Green

Grant GreenはMissouri、St. Louis出身のジャズ・ギタリスト兼コンポーザーである。 彼は幼少の頃から父にギターを教わり、13歳の時にゴスペル・グループで活動を開始。

プロフィール詳細へ

Grant Greenに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品