CD

Kiss Of Morning

Graham Coxon (グレアム・コクソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP66116
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ブラー脱退が実しやかに呟かれるグラハム・コクソンのソロ第4弾。バンド活動が途絶えているとは言え1年に1枚のペースは並ではない。サイケデリックな雰囲気は通底していながらも、カントリーやブルース、フォークなど、ルーツ音楽への憧憬をバンド・アンサンブルに反映させたような、人間味にあふれたサウンドが魅力。

内容詳細

ブラーのギタリストによるソロ最新作。よりパーソナルな響きを湛えるようになり、まるでシンガー・ソングライター作品のような内省的な匂いがするのがいい。今作にはペダル・スティールのBJコールなども参加。ちょっとフォーキーな雰囲気もある。(詩)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アルバムを出す度に柔軟に変化しているグレ...

投稿日:2007/09/27 (木)

アルバムを出す度に柔軟に変化しているグレアムの表現。まだ模索中?しかし毎度すばらしい。今作は70年代マナーサイケロックでありつつ、アコースティックはよりピュアな感じ。丸くなった感じ。BITTER TEARSのギターソロは泣けます。朝焼けのようです。今のところ個人的にこのアルバムがいちばんです。

0
★
★
★
★
★
LOCKED DOORSがたまらなくかっこ良い。 弾...

投稿日:2006/02/04 (土)

LOCKED DOORSがたまらなくかっこ良い。 弾き語りの曲にボブ・ディランの香りも…。

DIG さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
サイケフォークっぽい曲はSyd Barrettみた...

投稿日:2003/11/14 (金)

サイケフォークっぽい曲はSyd Barrettみたいだ。やっぱりグレアムは凄い。

ねぎ さん | _ | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Graham Coxon

デーモンの野望が果てしなく高みを目指していく一方、「ギターを使って表現するんだ」という意志をしっかりと持ってそこに拮抗し続けたギタリスト、グレアム・コクソン。グレアムの存在はバンドを一歩も二歩も前進させ、今や世界的なスケールでその音が人々に届いているのである。

プロフィール詳細へ

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品