銀河鉄道の星

Gotch (後藤正文)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909394163
ISBN 10 : 4909394168
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
200p;21

内容詳細

宮沢賢治の世界そのままに、新たな生命が吹き込まれた名作の決定版。宮沢賢治の作品「銀河鉄道の夜」「よだかの星」「双子の星」を新訳。読者対象:小学生〜大人。

【著者紹介】
後藤正文 : 1976年静岡県生まれ。日本のロックバンド・ASIAN KUNG‐FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当し、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。ソロでは「Gotch」名義で活動。また、新しい時代とこれからの社会を考える新聞『THE FUTURE TIMES』の編集長を務める。レーベル「only in dreams」主宰

牡丹靖佳 : 1971年大阪府生まれ。現代美術作家。絵画を中心に国内外で作品を発表するほか、絵本や本の挿絵、装画を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鎌田一恵 さん

    私は読書の楽しみを知ったのは高校生になってから。つまり、読書好きがもちのろんで通る日本文学、何一つ読んでいない。そう、銀河鉄道の夜を読んだことがないのに勝手な改訂版を先に読んでしまった。

  • Chako@(旧名:かど =^ェ^=) さん

    昨年の年末に参加した読書会でプレゼント交換した本。私にとってはあとがきにあるように「はじめての読書」ではないけれど、はじめての宮沢賢治となった。子供の頃に手にとる機会はあったはずなのだが、賢治の出身地·岩手県というイメージが強すぎて、てっきり東北が舞台なのだろう勝手に思っていました。いざ読み始めようとしたら「カムパネルラ」という異国の名前を目にしたからだいぶ印象が違うなと感じたのを覚えています。その言いにくい名前がなんか気取ってるなぁと子供の心に感じてしまって、──☟続く

  • よしよし さん

    「どこまでもどこまでも、一緒に行こう。僕はもう、あのサソリのように、本当にみんなの幸いのためならば百回焼かれたって大丈夫だよ。」思えば、自分にとっての最初の読書体験は宮沢賢治だったように思う。幼いながらに、きらきらしていて綺麗だけどどこか悲しいお話だなあと思っていたことをぼんやりと思い出す。ゴッチが書店で途方に暮れることがなければこの本は生まれてこなかったわけで、こういう形で読み返すこともなかったでしょう。ゴッチに感謝。また愛のこもったリミックスをしてくれることを期待してます。

  • 小川一輝 さん

    後藤正文作品として同時期に出た『凍ったのうみそ』と断絶しているように思うが、ここに出てくる魚の話がエッセイの中にも出てくるので面白い。エッセイの方を先に読み始めたのでよくこんな発想が出てくるなと感嘆したが宮沢賢治から来ていたのかと納得。適切なタイミングに配置される挿絵が読書を刺激する。

  • みー さん

    「銀河鉄道の夜」「よだかの星」「双子の星」昔読んだことはあるが、より読みやすくなっていると思う。 「何が幸せなのかは、わからないものです。本当に、どんな辛いことでも、それが正しい道を進むなかでの出来事ならば、峠の登り下りも、すべて本当の幸運に近づくひと足ずつですから。」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Gotch (後藤正文)

1976年生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、楽曲のほとんどの作詞作曲を手がける。これまでにキューンミュージック(ソニー)から8枚のオリジナル・アルバムを発表。

プロフィール詳細へ

Gotch (後藤正文)に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品