CD 輸入盤

Ginger Baker's Airforce

Ginger Baker (ジンジャー ベイカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDLEM22
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1970
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Reissue of the acclaimed drummer's 1970 post Cream project, recorded live at the Royal Albert Hall. He is joined by many special guests here including, Steve Winwood, Rick Grech, Chris Wood, Denny Laine, Graham Bond & more.

収録曲   

  • 01. Da Da Man
  • 02. Early In The Morning
  • 03. Don't Care
  • 04. Toad
  • 05. Aiko Biaye
  • 06. Man Of Constant Sorrow
  • 07. Do What You Like
  • 08. Doin' It

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ginger bakerが所属し、修行を積んだGraham...

投稿日:2012/01/23 (月)

ginger bakerが所属し、修行を積んだGraham Bond Organisationのアフリカンリズム版でしょうか?当の本人の参加がこのライブの方向性を決定付けているように思えてなりません。Steve Winwoodに遠慮してか、サックス中心での参加ですが。混沌を楽しむかのようにドラムを叩きまくるginger bakerの笑顔が浮かぶような演奏内容です。対するトラフィック軍団も気合が入っており、特にRick Grechのベースは、こんなにうまかったのかと感心するほど。さて、音はイマイチ。かつ、盤はキレイなのに、ブチっと懐かしいノイズが。さては、レコードからのダビング盤か?昔々の作品なので、ここは我慢しましょう。

hiro さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
プログレやブリディっシュ・ロックを中心に...

投稿日:2011/07/30 (土)

プログレやブリディっシュ・ロックを中心に聴いていた若かりし頃、ジンジャー・ベーカーのドラムスはイモだと思ってました。時を経て気がついたことは、イモだったのではなく、彼の表現したかったアフリカン・ビートを理解できていなかった、と云うだけのことでした。そんな彼がブラインド・フェイス解散後にクラプトンを除いたメンバーにブリティッシュ・ジャズ・ロックの精鋭+アフリカン・ミュージシャンを率いたプロジェクトがこのエアフォース。デニー・レインのヴォーカルをフィーチャーした曲もいいですが、なんと云っても白眉は@でのスティーヴィー・ウィンウッドのオルガン・ソロ。こんなに激しい彼のオルガン・プレイは他では聴いたことがありません。この一曲のためだけでも入手すべき作品。

oklahomatoad さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
パワフルな大所帯ゴッタ煮アフロ・ジャズ・...

投稿日:2009/06/30 (火)

パワフルな大所帯ゴッタ煮アフロ・ジャズ・ロック、BLIND FAITHやフェラ・クティとのジョイントよりも好き。

黒いガチャピン さん | 所在地 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ginger Baker

1939年8月19日生まれ、伝説のロック・バンド、クリームに在籍したドラマー。ジャック・ブルース、エリック・クラプトンらと共に1966年から1968年までクリームで活動。その後はクラプトン、スティーヴ・ウィンウッドらとブラインド・フェイスを結成した。

プロフィール詳細へ

おすすめの商品