CD 輸入盤

On The Road

Gerry Mulligan (ジェリー・マリガン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GSCR15
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Line For Lyons (live at the Black Hawk San Francisco 1952) - Baker, Chet Quartet
  • 02. Carioca - Baker, Chet Quartet
  • 03. My Funny Valentine - Baker, Chet Quartet
  • 04. Bark For Barksdale - Baker, Chet Quartet
  • 05. Utter Chaos
  • 06. Aren't You Glad You're You (live at the Haig Hollywood early January 1953)
  • 07. Get Happy
  • 08. Poinciana
  • 09. Godchild
  • 10. Too Marvellous For Words (live at The Haig Hollywood late January 1953)
  • 11. Lover Man
  • 12. I'll Remember April
  • 13. These Foolish Things
  • 14. All The Things You Are
  • 15. Bernie's Tune
  • 16. Five Brothers (live at The Haig Hollywood May 1953)
  • 17. I Can't Get Started
  • 18. Ida's Side
  • 19. Funhouse
  • 20. My Funny Valentine

ディスク   2

  • 01. Blues Going Up (live at Stockton High School 1954)
  • 02. Little Girl Blue
  • 03. Piano Blues
  • 04. Yardbird Suite
  • 05. Blues For Tiny
  • 06. Soft Shoe
  • 07. Makin' Whoopee
  • 08. Darn That Dream
  • 09. Ontet
  • 10. Bark For Barksdale
  • 11. Makin' Whoopee (live at Hoover High School San Diego 1954)
  • 12. Nights At The Turntable
  • 13. Blues For Tiny
  • 14. Frenesi
  • 15. Limelite

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Gerry Mulligan

 1958年のニュポート・ジャズフェステュヴァルの演奏を記録した映画『真夏の夜のジャズ』でのマリガンの真っ赤なジャケット姿はジャズファンにジ強烈な印象を与えると共に、アメリカが持っている富の大きさを感じさせた。ジェリー・マリガンこそは、1950年代のジャズメンの中でもチェット・ベイカーと並んで哀愁の薫るミュージシャンとして忘れられない。

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品