CD 輸入盤

In New York

Gerry Mulligan (ジェリー・マリガン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WW2146
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
追加情報
:
recorded June 10, 1952 in Los Angeles

商品説明

Gerry Mulligan played his baritone saxophone with such elegance that the heaviness of his instrument almost didn't show. The tone he elicited from his sax was unmistakable: smooth, legato and seemingly a bit chilly, yet extremely emotional under the surface. As a musician Mulligan will always be remembered for his admirable control and never-failing improvisational imagination. In 1975, Arrigo Polillo said: 'His music is calm and simple, yet elegant and exciting, pure and sparkling, stern and sweet. It is totally uncluttered, unadorned and strictly essential.'

収録曲   

  • 01. Gerry Mulligan with The Chubby Jackson Big Band: Flying The Coop
  • 02. I May Be Wrong
  • 03. New York
  • 04. Sax Appeal
  • 05. Hot Dog
  • 06. Why Not
  • 07. Leavin' Town
  • 08. So What (Hoo Hah) -recorded March 15, 1950 in New York The Gerry Mulligan Band: Roundhouse
  • 09. Ide's Side
  • 10. Bweebida Bobbida
  • 11. Kaper
  • 12. Funhouse
  • 13. Mullenium
  • 14. Mulligan's Too -recorded September 21, 1951 in New York The Gerry Mulligan Trio: Get Happy
  • 15. S Wonderful
  • 16. Godchild

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Gerry Mulligan

 1958年のニュポート・ジャズフェステュヴァルの演奏を記録した映画『真夏の夜のジャズ』でのマリガンの真っ赤なジャケット姿はジャズファンにジ強烈な印象を与えると共に、アメリカが持っている富の大きさを感じさせた。ジェリー・マリガンこそは、1950年代のジャズメンの中でもチェット・ベイカーと並んで哀愁の薫るミュージシャンとして忘れられない。

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品