Gerry Mulligan
新商品あり

Gerry Mulligan (ジェリー・マリガン) プロフィール

Gerry Mulligan | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ジェリー・マリガンは、1927年4月6日ニューヨークに生まれ、1996年1月20日、コネチカットで亡くなっている。 映画『真夏の夜のジャズ』での真っ赤なジャケット姿はジャズファンにジャズ・ミュージシャンのかっこよさを再認識させた。また、マリガンはバリトン・サックスという、アンサンブルの一角を占めていた楽器をソロ楽器にのしあげやあた功績も大きい。

 若い頃から優秀なミュージシャンであったマリガンだが、1944年17歳のときにラジオ・バンドのアレンジをしたのがその端緒で、ジーン・クルーパのバンドのスタッフライターとして2年働いた。そのあと、クロード・ソーンヒル、エリオット・ローレンス、スタン・ケントンなどの有力バンドのために働き編曲者としての腕を磨いている。その一方で、サックスのプレイにも時間を費やしたが、マイルス・デイヴィスの『クールの誕生』における演奏で一躍注目を集め、また提供した作品も大きな支持を受けた。こうしてジェリー・マリガンはこの時期演奏者というよりも、編曲者だった。

1952年マリガンはロスアンジェルスに移り、チェット・ベイカーと出会い、ピアノレスのオリジナル・カルテットを結成する。その後のマリガンは「ヴァーヴ」を中心に多くの作品を録音、バリトン・サックスの巨匠として40年以上にわたって君臨した。

後年、マリガンはビッグバンドや様々なユニットで演奏活動を展開、デイヴ・サミュエルズ、スコット・ハミルトンとも共演、かつてのマイルス・ノネットの作品を再演した「リバース・オブ・ザ・クール・バンド」は彼の原点とも言うべき演奏の再作品化だった。

 また、マリガンはコンポーザーとしても多くの楽曲を残し、その中でも“ライン・フォー・リオンズ”“バーニーズ・チューン”などは多くのミュジシャンに演奏された。

%%message%%