CD 輸入盤

Wind And Wuthering

Genesis (ジェネシス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8398862
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1976
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

前作『トリック・オブ・ザ・テイル』における、フィル・コリンズのヴォーカルで健在ぶりをアピールしたジェネシス。本作は前作と同年の1976年暮れに発表された新生ジェネシス第二弾アルバム『静寂の嵐』。大作を中心としたプログレッシヴ・ロックのスタイルによる最後の作品ともいうべき内容。甘美なムードの裏に潜む緊張感のある一面が高い音楽性を生んでいる。全米進出のきっかけともなった一枚。

収録曲   

  • 01. Eleventh Earl Of Mar (07:39)
  • 02. One For The Vine (09:56)
  • 03. Your Own Special Way (06:15)
  • 04. Wot Gorilla (03:12)
  • 05. All In A Mouse's Night (06:35)
  • 06. Blood On The Rooftops (05:20)
  • 07. Unquiet Slumbers For The Sleepers (02:23)
  • 08. In That Quiet Earth (04:49)
  • 09. Afterglow (04:10)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
4人Gegesisの最後のOriginal Albumですね。...

投稿日:2011/06/23 (木)

4人Gegesisの最後のOriginal Albumですね。前作”A Trick of...”と比較して静かな感じがします。アルバムジャケットがその雰囲気をよく表していると思います。曲自体は悪くはありませんが、なんとなく暗いというか、重いというか、元気がないというか、そんな感じです。「Wot Gorilla?」やメドレーになっている「Unquiet Slumbers for The Sleepers...」〜「...In That Quiet Earth」〜「Afterglow」のあたりがお気に入りです。

岡っ引きお化け さん | 静岡県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
サウンドがクリアーだが分厚い。いかにもプ...

投稿日:2011/01/29 (土)

サウンドがクリアーだが分厚い。いかにもプログレ的でレベルの高い楽曲と演奏はさすがです。一曲目には元気付けられました。余談ですがドライブに合うプログレはないかと本作を候補に聞いてみましたが、疲れました。

ごっちん さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
今作の終盤3曲は、息をのむほどドラマチックな...

投稿日:2009/08/06 (木)

今作の終盤3曲は、息をのむほどドラマチックな展開。あらゆる音楽ファンの耳をもれなく十数分間釘付けにする力を持った、不朽の名作です。今回のSACD盤はCDトラックでしか聴いてませんが、それでも、耳が遠くなるまでに聴けて良かったと思える感動的な音でした。 ですから…DVD-Audioは本当に不要。一応、家のDVDプレーヤーで再生しましたが、CDコンポでCDトラック再生した方が、音は良かったです。機器のレベルの差でしょうか…? レンタル盤で音は確認できましたので、購入は中古盤にするか、あるいはSACD盤のみの、納得できる価格で販売された時に検討することにします。

sman さん | 大阪府 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Genesis

初代ヴォーカリストのピーター・ガブリエル在籍時から、キング・クリムゾンやイエスなどとともに英国プログレッシヴ・ロックの黄金時代を築き、のちにフィル・コリンズをヴォーカリストにフィーチャーし、よりポップな音楽性でチャートを賑わす存在となっていった。

プロフィール詳細へ

Genesisに関連するトピックス

おすすめの商品