CD 輸入盤

Invisible Touch

Genesis (ジェネシス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
86360
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1986
フォーマット
:
CD

商品説明

1986年発表の大人気作!! 初期のプログレと呼ばれた音楽性を経て、“そして3人が残った”ジェネシスは世界的な人気ロック・グループを目指して成功を収めた。メンバーのソロ活動などが活発化したため(フィル・コリンズのソロやマイク&ザ・メカニックス)バンドは活動休止状態だったが、前作から3年を経て発表した本作からは、何と5枚ものヒット・シングルが出た!! これはメンバーのソロがプラスに働き知名度・注目度が高まった結果だろう。適度にハードさがありながら、全体としてはエレクトロニクスも多様したポップ。80’sファンにはマスト。

収録曲   

  • 01. Invisible Touch (03:29)
  • 02. Tonight, Tonight, Tonight (08:53)
  • 03. Land of Confusion (04:46)
  • 04. In Too Deep (05:02)
  • 05. Anything She Does (04:09)
  • 06. Domino: Part 1-In the Glow of the Night/Part 2-the Last Domino (10:44)
  • 07. Throwing It All Away (03:51)
  • 08. Brazilian, The (04:50)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
正に80sポップロックアルバムの超名盤!ハイスペック盤...

投稿日:2015/08/21 (金)

正に80sポップロックアルバムの超名盤!ハイスペック盤での再リリースを強く望みます!

井熊 さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このアルバムは、ベスト盤を聴いているよう...

投稿日:2013/07/20 (土)

このアルバムは、ベスト盤を聴いているような印象です。どれもがとってもいい曲で、なるほど、ここから5曲も全米TOP5以内の大ヒットが生まれたのもうなずけます。ネットでビルボードのチャートを調べてみたんですが、まず、インヴィジブル・タッチが86年7月19日に第1位を記録して、次にスローイング・イット・オール・アウェイが10月11日に4位。混迷の地が87年1月31日に4位。トゥナイト・トゥナイト・トゥナイトが4月4日3位。最後にイン・トゥー・ディープが6月27日に3位となっていました。アルバム自体は全米3位が最高。1年近くかけてシングルカットされたんですね。これはすごい事だと思う。70年代と比べると、明らかにポップ路線でプログレ的要素は薄くなっていますが、わたしは肯定的に捉えたいです。この名盤にケチをつけることは許されません。わたしの愛聴盤です。

johnbach さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
シングルヒットが連発したこのAlbumは、お...

投稿日:2011/06/26 (日)

シングルヒットが連発したこのAlbumは、おそらく、Gegesis史上もっともPOPなAlbumではないかと思います。その分、組曲スタイルの「Domino」は少し気だるい感じがします。少し長めの曲でも「Tonight, Tonight, Tonight」はそんなことないんですが...Liveでは「invisible Touch」とメドレーで演奏することの多い「Tonight, Tonight, Tonight」はやはりFull Versionの方が好みです。シングルではないですが、インストの「The Brazilian」がこのAlbum中一番のお気に入りです。

岡っ引きお化け さん | 静岡県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Genesis

初代ヴォーカリストのピーター・ガブリエル在籍時から、キング・クリムゾンやイエスなどとともに英国プログレッシヴ・ロックの黄金時代を築き、のちにフィル・コリンズをヴォーカリストにフィーチャーし、よりポップな音楽性でチャートを賑わす存在となっていった。

プロフィール詳細へ

Genesisに関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト