CD

Calling All Stations

Genesis (ジェネシス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VJCP25335
組み枚数
:
1
:
日本
オリジナル盤発売年
:
1997
フォーマット
:
CD

商品説明

フィル・コリンズの脱退により一時は解散と言われるも、それを否定し、新たにレイ・ウィルソンを加えて再出発を謀った新生ジェネシスの第一弾アルバム(1997年発表)。ピーター・ガブリエルを思わせる雰囲気もあるレイのヴォーカルによるのか、ポップでありつつもどこか初期の頃を思わせる感触がある。

内容詳細

ジェネシス6年ぶりのスタジオ盤は、ほとんど無名の若きヴォーカリスト、レイ・ウィルソンのお披露目となる注目作。旧ジェネシスやフィルへの思い入れを抜かせば、これはなかなかの力作。むしろ先祖帰りを感じさせるサウンドだ。彼らの勇気と決断に拍手。★(礼)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
今のところRay Wilsonが参加した唯一のAlbu...

投稿日:2011/06/28 (火)

今のところRay Wilsonが参加した唯一のAlbumになります。曲自体は良いのですが、やはりPhil Collinsの様な華が足りません。「Congo」「Shipwrecked」「The Dividing Line」などが良いと思います。「Congo」の終盤のキーボードソロ部分をもう少し膨らませて、長尺の曲に仕上げればよかったのにとも思います。曲作り、ほぼ全曲Tony&Mikeの2人だけで作っているみたいですが、2人だけではそれほどの器量がなかったのでしょうか。とりあえず、素材は良いのですが、全体的に磨きが足りない感じがして残念です。DVDにLive映像がありますが、ステージ上でも華が足りない様な感じでした。

岡っ引きお化け さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
元ジェネシスのマイク、トニーがレイを迎え...

投稿日:2008/01/18 (金)

元ジェネシスのマイク、トニーがレイを迎えて新ユニットを作ったというなら、ソロワークスの類として素直に聞けた気が。レイはいいボーカリストだと思うけど、やっぱりフィルやピーターの存在感を知っているファンからすると、ジェネシスのボーカルは他の誰にも務まらないんだろうなあ・・・。

PHILDRUM さん | TOYAMA | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
ジェネシスの名前には弱くて、どのメンバー...

投稿日:2007/11/07 (水)

ジェネシスの名前には弱くて、どのメンバー構成の時代も全て好きだったけど、どうもこれだけは… 一応襟を正して聞いてみたものの、心に残らなかったですね。ボーカルのせいかなぁ?

コリンズ星 さん | 埼玉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Genesis

初代ヴォーカリストのピーター・ガブリエル在籍時から、キング・クリムゾンやイエスなどとともに英国プログレッシヴ・ロックの黄金時代を築き、のちにフィル・コリンズをヴォーカリストにフィーチャーし、よりポップな音楽性でチャートを賑わす存在となっていった。

プロフィール詳細へ

Genesisに関連するトピックス

おすすめの商品