九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 City of Darkness

G.ジラード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784872574234
ISBN 10 : 4872574230
フォーマット
発行年月
2004年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,215p

商品説明

「City of Darkness」の日本語版がついに登場!
“City of Darkness”こと九龍城は、大都市香港の中心に紛れもなく存在した。ここでは法律は適用されず、警察官も立ち入ることができなかったため、文字通りの「無法地帯」であった。その九龍城はどのように生まれたのか?住民たちがこれほど過酷な環境で生活できたのはなぜだったのか? 取り壊しを前にした生活者たちのありのままの姿、さらに九龍城の歴史を収めた本書は、もはや存在しないこの特異なコミュニティを浮き彫りにした、比類なきドキュメンタリーである。

内容詳細

“City of Darkness”こと九龍城は、大都市香港の中心に紛れもなく存在した。この高層スラムには、33,000もの人々が住んでいた。九龍城はどのように生まれたのか?これほど多くの人々が、これほど過酷な環境で生活できたのはなぜだったのか?取り壊しを前に、2人のカメラマンが4年間をかけて九龍城の住人たちに取材をし、仕事をする姿や部屋でくつろぐ様子をカメラに収めた。320枚の写真に32人へのインタビュー、さらにその歴史を収めた本書は、もはや存在しないこの特異なコミュニティを浮き彫りにした、比類なきドキュメンタリーである。

【著者紹介】
グレッグ・ジラード : 1955年カナダ、バンクーバー生まれ。1973年より写真を撮り始める。1985年に初の作品集が出版され、1987年にプロの写真家となる。アジア在住歴が長い。今では世界中の雑誌や新聞で活躍している

イアン・ランボット : 建築の教育を受けるが、職業とした期間は短い。模型製作者、写真家、グラフィック・デザイナーを経て、1988年にウォーターマーク・パブリケーションズを創設。建築やデザイン関係の書籍を出版している。1996年に香港を離れ、現在はイギリス在住

尾原美保 : 翻訳家。1971年生まれ。大阪府出身。大阪大学人間科学部卒業。編集者経験を活かし、現在は翻訳家として活躍。特に写真集、ビジュアルブックの翻訳を得意とする

吉田一郎 : 1963年生まれ。埼玉県出身。法政大学社会学部卒、早稲田大学大学院在籍中。香港中文大学に留学中の85年から86年にかけて、九龍城砦の14階で暮らす。元『香港ポスト』記者、『香港通信』編集長、『香港ビジネスポスト』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • NS さん

    イギリスの租借地内にありながら,中国の監督下に名目上は置かれ,どちらの統治も受けていなかった場所に壮大なスラムが存在した。写真とインタビューが豊富で,この本の執筆後すぐに中国に取り壊されたのだが,特異の歴史の一コマが面白い。正確に人口は分からないと思われるが,1万人以上と思われる。建物は違法建築の極みで奇跡的に立っていた。まさに魔窟である。

  • イカロスたけふみ さん

    非常に良い。非常に良い。写真も多いし九龍城に生きた人たちの声も、それこそ住人や担当の警察、元麻薬中毒者まで多岐にわたって収録されていて読み物としても満足のいく一冊だった。ただ製本が甘いので背割れしやすいのが難点。あまり開かないで読むことをおすすめする。

  • 姉勤 さん

    かつて魔窟と呼ばれた、違法増設アパート群。香港返還前に取り壊しが決まった直前の1990年代の写真と取材。全てがスラム的猥雑な建物や住人ではなく、日本の団地のような一般的住人、医者や理髪、精肉加工や菓子などの、手工業的工場、はては教会が区画され共存していた。歴史もたどることができ、田園風景のなかの城郭、日本軍の占領による城の解体などを経て、労働力受け入れ施設が、やがてキャパに耐えきれずにツギハギのような住居群に変質した。今は公園と化した現地。 アンテナが林立する屋上で遊んでいた子供達はどうしているのかな。

  • sea&pink さん

    今まで図書館で済ませてたけど、購入できるうちに自分でも買うことにしました。1993年に取り壊された香港の巨大スラム。とても惹きつけられる。廃墟写真集などが好きでよく見るけど、何か物足りないと思っており、そこに住んでいた人の生活が見たかったんだと気づきました。とてつもなくカオスで劣悪な環境だけれど、住んでいる人たちはその場所なりに秩序のある生活(仕事、教育、遊びなど)を営んでいる、この記録はずっと残したいものです。裏表紙にもなっている、夕方、アンテナだらけの屋上で遊ぶ子供たちの姿がいとおしい。

  • Romi@いつも心に太陽を! さん

    かつてここに暮らしていた人達の最後の記録。建て増しによる迷路のような通路を抜けると、小さな工場の数々が混在し、男たちは咥えタバコにランニング姿で立ち働いている。そこには歯科医や漢方売り、医者もいた。円卓を囲む家族の笑顔があった。乱立するアンテナだらけの屋上でやっと外の空気を楽しむ休日のひと時。ここで暮らした人々にとって、「九龍城」は彼らの町であり、密やかな王国。発展の波にのまれ、彼らの故郷はいまはあとかたもなく、公園としてその名を残すのみだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品