DVD 輸入盤

My Coma Dreams

Fred Hersch (フレッド・ハーシュ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PALM2175
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
DVD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

Jazz Theater: My Coma Dreams
2ヵ月の昏睡状態の中で見た夢の世界をドラマ化した舞台
〜音楽はもちろんフレッド・ハーシュ〜


【収録内容】
・Jazz Theater: My Coma Dreams (約87分)
・Extra Features: (約60分)
-Interview with Fred Fersch and Haerschel Garfein
-Interview with Michaek Winther
-Interview with Scott Morgan
-Fred Hersch speech to the European Society for Intensive care medicine, Barcelona, 2010

Fred Hersch Ensemble:
Ralph Alessi (tp,flh)
Mike Christianson (tp)
Bruce Williamson (cl,as,bcl)
Adam Kolker (fl,cl,ts)
Joyce Hammann (vln)
Laura Seaton (vln)
Ron Lawrence (viola)
Dave Eggar (cello)
Fred Hersch (p)
John Hebert (b)
John Hollenbeck (ds,perc)
Gregg Kallor (conductor,music director)


2008年HIVにより2ヵ月昏睡状態となって目覚めなかったというフレッド・ハーシュ。そのハーシュが昏睡状態に陥っていたときにみたという夢をドラマ化したステージがDVDとなりました。作曲家としてグラミー賞を受賞したこともあるハーシェル・ガーファインが脚本とステージ・ディレクターを担当。リンカーン・センター主催のアメリカン・ソングブック・シリーズで、フレッド・ハーシュと共演した経験をもつマイケル・ウィンザーが語りと歌を担当。4本のリード、4人の弦楽器を迎えた11ピースのフレッド・ハーシュのアンサンブルと、映像を絡め、舞台を創ります。

重篤な病と絡んだシリアスな夢、ミステリアスで神秘的なものと共にヴィレッジ・ヴァンガードでも演奏され、作品『Alive at the Vanguard』にも収録された曲「Dream of Monk」が生まれたきっかけとなった夢も登場。セロニアス・モンクと、それぞれ鳥かごの中に入れられ、先に曲を書けた方が”カゴから出られる”というドラマ(夢)は滑稽ですが、フレッド・・ハーシュが、夢の中でも音楽/ジャズの世界とリンクしていたことを象徴するものであり、とても興味深いものでもあります。ファンにとっては、またストリングスとの響きが美しい「Pastral」の演奏(新作『Solo』そして、『Alive at the Vanguard』収録)も聴き逃せません。2013年コロンビア大学のミラー・シアターにて収録。またボーナストラックには、フレッド・ハーシュとハーシェル・ガーファインとの対談や、2008年の病状やJazz Theater『My Coma Dreams』制作をフレッド・ハーシュ自らが語ったスピーチなど、5つの貴重な証言集(計約60分)を収録しています。

*なお、このDVDの収益金の一部は、AIDSの治療に従事する活動家団体、Treatmemt Action Group に寄付されるとのことです。
*こちらのDVDに日本語字幕はついておりません。予めご了承ください。
*日本のオーディオ機器でご覧いただけます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Fred Hersch

1955年オハイオ州シンシナティ生まれ。その卓越したピアノ技法と、類い稀なる耀くアイデアで創造される独自のスタイルで、ピアノの詩人などと評されている。1980年代以降のピアニストの中で、最もエヴァンスイズムを受け継いだと言われる。

プロフィール詳細へ

Fred Herschに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品