Frank Morgan (フランク・モーガン) レビュー一覧

Frank Morgan | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

9件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • フランク・モーガン、1995年3月の録音でベースの重鎮...

    投稿日:2013/03/23

    フランク・モーガン、1995年3月の録音でベースの重鎮レイ・ブラウンを迎えた逸品。その他の共演者はピアノがシダー・ウォルトン、ドラムがビリー・ヒギンズと復帰作「Easy Living」と同じ。演奏は全体にバラード調で締め、演目もスタンダード中心と何とも気分が癒される。

    青木高見 さん |50代

    2
  • フランク・モーガン(Frank Morgan 1933年12月23日〜2...

    投稿日:2013/03/23

    フランク・モーガン(Frank Morgan 1933年12月23日〜2007年12月14日)はアメリカ合衆国ミネアポリス生まれのジャズ・サックス奏者。アルバムは1996年の録音で復帰の1985年「Easy Living」から11年が経過している。共演者も心機一転し、するどいアタックに新鮮さを感じる。演目には先人の遺産を忘れない姿勢が変わらず貫かれている。そこにフランク・モーガン色を控えめに添えるところに堪らない魅力を感じる。

    青木高見 さん |50代

    1
  • フランク・モーガン(Frank Morgan 1933年12月23日〜2...

    投稿日:2013/03/22

    フランク・モーガン(Frank Morgan 1933年12月23日〜2007年12月14日)はアメリカ合衆国ミネアポリス生まれのジャズ・サックス奏者。アルバムは1988年の録音でジョーヘンと極上のテナーアンサンブル。共演者はテナーサックスがジョー・ヘンダーソン、ヴァイブがボビー・ハッチャーソン、ピアノがマルグリュー・ミラー、ベースがロン・カーター、ドラムがアル・フォスター。80年代後半の人気と演奏技術が最高とされるミュージシャンが一同に会しフランク・モーガンを盛り立てる。

    青木高見 さん |50代

    0
  • フランク・モーガン(1933年12月23日〜2007年12月14日...

    投稿日:2013/03/21

    フランク・モーガン(1933年12月23日〜2007年12月14日)はアメリカ合衆国ミネアポリス生まれのジャズ・サックス奏者。ジョージ・ケイブルス (1944年11月14日〜)はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト。アルバムは1986年の録音でこの二人のデュオ。二人のジャズ特性は根底に強いビバップが流れ、近代的な音色とエネルギシュとデリケートが同居したような気品に満ちた美しさがある。演奏はスタンダードをとりまぜ、むずかしくせず素直にサラリと仕上げた。

    青木高見 さん |50代

    0
  • 何ともすばらしい企画で豪華な演奏のアルバムである。...

    投稿日:2010/10/06

    何ともすばらしい企画で豪華な演奏のアルバムである。フランク・モーガンがピアノのケニー・バロン、トミー・フラナガン、ローランド・ハナ、バリー・ハリス、ハンク・ジョーンズに声をかける。ジャズピアノ界きってのマスター級の彼らを呼びだし演奏できる所が凄い。演奏はピアノソロとフランク・モーガンとのデュオで構成されている。どの曲も、それは品格のある極上の演奏となる。ライナーにフランク・モーガンが、それぞれのピアニストと一人ずつ撮った写真が掲載されているが、フランク・モーガンの嬉しそうな満面の笑み(えみ)、氏が彼らと共演できる事を、心の底から喜んでいたかが想像できる。 (青木高見)

    青木高見 さん |50代

    0
  • フランク・モーガンのチャーリー・パーカーへの尊敬の...

    投稿日:2010/10/06

    フランク・モーガンのチャーリー・パーカーへの尊敬の気持ちがアルバムになった。そんなフランク・モーガンの為に、ピアノのマルグリュー・ミラー、ベースのロン・カーター、ドラムのアル・フォスターが集まった。完全なリズム隊にサポートされて、存分に今は無きパーカーを吹く。薬に溺れる事までも一心同体になろうとした若き日、その後の人生の半分を失い、こうして完全復帰が叶い、あらためてパーカーを吹くモーガンの心境を思うと胸が熱くなる。 (青木高見)

    青木高見 さん |50代

    0
  • アルトの音は、今のリーコニッツに似ているという方が...

    投稿日:2008/02/06

    アルトの音は、今のリーコニッツに似ているという方が正確だ。アルバム全体の音は非常に良い。ほぼ全てがバラード。残りはブルースとミドルテンポ。泣けてくるような音でアルトを吹いている。リラックスしていて、ゆっくりしたいときに流すのにちょうどいい。モーガンが若干のミスをするが、注意していない限り気がつかないので問題はないだろう。ピアニストの個性が良くわかり面白い。好盤。90点。

    bubyuki さん

    0
  • ストレスの無い吹き方で甘くとってもいい音だと思いま...

    投稿日:2004/11/28

    ストレスの無い吹き方で甘くとってもいい音だと思います。シンプルに歌っていてバラードでは泣けるしアップテンポの曲も良い。ケーブルスのピアノも相変わらず素晴らしい。

    ricefield さん

    0
  •  ハンク・ジョーンズ、バリー・ハリス、トミー・フラ...

    投稿日:2002/09/27

     ハンク・ジョーンズ、バリー・ハリス、トミー・フラナガン、ローランド・ハナ、ケニー・バロンの5人のピアニストそれぞれとモーガンがデュオを展開するという趣向です。モーガンのアルトは以前よりもアクが抜けたというか、ねっとりと伸びるような感じが薄くなり、ポール・デスモンドを思わせる透明な音色になっています。

    なわとび さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%