CD

Pious Bird Of Good Omen: 聖なる鳥

Fleetwood Mac (フリートウッド・マック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ESCA5422
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ビートルズとストーンズの陰になりがちな60年代イギリスでの、ブルース・リヴァイヴァルの中心的存在だった彼らのアルバム、『ENGLISH ROSE』(68年)と『THE PIOUS GOOD OMEN』(69年)からの曲をミックスさせたUK原盤もの。日本では初CD化。(立)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
何故か人気の無い本作。紙ジャケも最後まで残...

投稿日:2009/07/07 (火)

何故か人気の無い本作。紙ジャケも最後まで残る形だが…実は今回の元となる企画は厳密に言えば当時のプロデューサー自らのリミックスによって全く趣が異なっている。アウトテイクを実況中継っぽく収録してあって当時のレコーディング風景が見えてきそうで面白い。一方でどういう理由か旧盤に収録されていた二曲がカットされた形になっている。個人的には1stから本作までどれも甲乙つけ難い傑作だと思っているが、少し異質なアルバトロスの存在は後の路線への布石ともいえる。

0
☆
☆
☆
☆
☆
あまり評価されていないみたいだけど、個人...

投稿日:2009/05/03 (日)

あまり評価されていないみたいだけど、個人的にはブルース・ロックを基調としたポップスへのアプローチの路線で言って欲しかったバンドだけに、それを考えるとベスト盤ではあるが結果としてバランスのとれたアルバムが作れる予感を感じていただけにこの後の路線変更は残念。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
Beginの「恋しくて」はカラオケでよく歌い...

投稿日:2006/02/27 (月)

Beginの「恋しくて」はカラオケでよく歌います(爆) リプリーズに移籍し『Then Play On』の製作真っ只中に、移籍前の所属先だったブルーホライゾンからリリースされた事実上最後のブルースアルバム。実質的にベストアルバム的な選曲ながらも、ブルーホライゾンの金儲け主義が見え隠れして、あまり高く評価されていない不運なアルバム。『Then Play On』収録の「ライク・クライング」の原曲が聴けるだけでも、そんな悪評は吹っ飛ぶ!

ぼぶ さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Fleetwood Mac

サヴォイ・ブラウンやスタンウェブズ・チキン・シャックとともに、三大英ブルース・ロック・バンドとして知られた初期のフリートウッド・マックは、後にアメリカ人メンバーを加えるなどして徐々に音楽性を変えていき、ついには全米ナンバーワンを獲得する人気ポップ・バンドへとなった。そうした彼らの活動の軌跡は他にはないユニークなものである。

プロフィール詳細へ

Fleetwood Macに関連するトピックス

おすすめの商品